やす君のひとり言

やす君の情景

~大分市竹中やすらぎ霊園~

霊園風景 その57  「‥花のお墓の お花たち」

 

 「‥花のお墓の お花たち

 

  初夏を迎えて いよいよ元気な 花たち

  今回は 霊園内を彩る 夏の花たちのご紹介です

 

  特に 前回ご紹介しました 花のお墓 に植えている花は 何十種類にも及びます

  毎年入れ替える 1年草もあれば 数年は植えっぱなしの 多年草もあります

  

  手間いらずは 多年草ですが 咲く時期が決まっていること そして

  何年か経つと 少しずつ 元気がなくなってきます 

  一方 1年草は 春と秋に 植え替えますから 

  手間はかかりますが 折々に 違った表情の 美しさを 演出してくれます 

  花のお墓では いろいろ組み合せて お墓の色や形に合った 草花に植えています

 

  今回は その中でも ひときわ目立つ 花たちのご紹介です

 

 【 爽やかな スカイブルーの アガパンサス・ブルーヘブン 】

       6月初めから 清涼感のある 美しい青色の花を咲かせてくれる  

  多年草の アガパンサス・ブルーヘブン です

  南アフリカ産で 300以上の園芸品種がありますが 最も美しいのが

  この青色だと思います  

  場所を選ばず 病害虫にも強く 植えておけば どんどん増えていきます

  ちなみに 和名は 紫君子蘭(ムラサキクンシラン)と いいます 

 

f:id:yasuragi-reien:20190613091722j:plain

  

 

【とにかく 元気な ヘレニュウム・ダゴタゴールド】

 色落ちすることもなく 6月頃から 秋口まで 美しく輝く黄花を

 咲かせてくれるのが ヘレニュウム・ダコタゴールドです

 草丈は30㎝ほどで 暑さや多湿にも そして 病害虫にも きわめて強く 

 日当たりさえよければ 場所や土も 選びません

 一年草の花ですが 暖かい地方では 枯れることなく 翌年も咲いてくれます

 庭に一鉢置けば 翌年の春には あちらこちらに こぼれ種が芽を出し

 一面が黄花で 覆われてきますので ぜひ 挑戦してみてください

 

   ※花苗は やすらぎ霊園でも 差し上げています 

    どうぞ 事務所にお寄りください  

f:id:yasuragi-reien:20190613091841j:plain

 

 

【風と仲良し 宿根草の コレオシプス・スタークラスター】

 北アメリカ産の コレオシプス と いいます

 丈夫な 多年草で 今では 100種類ほどあるそうです

 写真の スタ-クラスターは 最も流通している種類で 

 白色の 中心に紅色が添えて とても 清々しい感じです

 6月から10月頃まで 風に揺れる様は 風情がありますが

 草丈が 高くなるので 強風の場合は 対策が 必要になります 

 

f:id:yasuragi-reien:20190613091942j:plain

 ※ちなみに この時期 道路沿いや公園などで 見かけるのが 

  コスモスに似た形をした 黄色一色の オオキンケイギク

  この花も コレオシプスの仲間です が

  オオキンケイギクは 特定外来生物として 栽培や販売などが

  禁じられています

       これが「オオキンケイギク」の花です 

f:id:yasuragi-reien:20190615164845j:plain

 

  

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain  「夏の野の 茂みに咲ける 姫百合の 

                      知らえぬ恋は 苦しきものぞ」

  

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp 

回顧録 no.56  「‥夢の風景  ~乗れない自転車 2/2 」

 

  「~乗れない自転車  2/2  」

 

   校庭の向かいに 川が流れ その先から なだらかな傾斜で 山が続く

   杉や檜の 濃緑に混じって ブナや紅葉が 着飾り始める

           校庭の桜葉も 色づきながら やがて 季節が冬に向かう 頃

 

   僕は まだ 自転車に乗れなかった   

   気弱だったから 友達に「貸して」 が 言えなかった

   だけど‥  

   校庭や道路で 楽しそうに 自転車を操っている N君が うらやましく

   同じような自転車が 欲しくて たまらず 

   思い切って 母にねだった記憶がある

 

   「自転車が欲しい‥」

   「‥‥」

 

   家に そんな余裕はなく 無理なことは わかってた が

   それでも 母にすがっていた

   母は 泣き笑いの顔をして 背中を向け

   傍で 父が「今度な‥」と つぶやき

   その「今度な‥」の約束は 果たせないままだった が‥

   ある日から 僕は 欲しがることを 止めた 

 

   その冬は いつも以上に寒い日が続き 雪も多く降り

   1時間ほどの 通学時間が 倍近くかかることもあった 

   慣れていない 町育ちのN君は 学校を 休むことが多くなり

   冬休みが終わっても 僕の前の席は 空いていた

 

   「入院したの‥」

   その朝 先生は さりげなく みんなに伝えたが

   涙目になっていた

   

   それから 間もなくして N君は 町の病院で 亡くなった

   

   僕たちは ありったけの草花を 机に供え

   泣きながら 彼を 見送った   

   先生が転勤するとき 青い自転車も 寂しそうに 

   トラックの荷台で 揺られながら N君の元へいった

 

          校庭から  N君がいなくなり 青い自転車が無くなって 

   もう 自転車が欲しいとは 思わなくなっていた

   

     その春も 校庭の桜は 約束したように 満開の時を迎え 

   僕らは いつもと同じように 走り回っている 

   そして N君は はるか彼方の校庭で あの青い自転車と 走り回っている

 

 

   その後 自転車に乗る機会が 少なく

   60年近く経った今でも うまく乗ることができない

   向うにいったら N君に 教えてもらおう

   今度は N君が押す番だ‥‥

 

                           (終り)

   

   

 

 

f:id:yasuragi-reien:20190523113212j:plain

www.yasuragi-reien.jp  

霊園風景 その56 「‥亡き人に 花のお墓たち」

 

「‥亡き人に 花のお墓たち」

 

 3段 × 10区画の 30区画だけ 「花のお墓」があります

 好きだった花で 故人を供養したい という ご家族の願いに応えて

 3年前から 販売を始めました

 

 お子さんやお孫さんに引き継いでいく 「永代」契約と

 30年間を使用期間とする 「期限付」契約を 準備しました

 「期限付」契約は 解体や撤去 さらに「永代供養墓」への 合祀など

 全ての 費用を含んでいます

 

 区画は 5㎡(横2m×奥行2.5m) お墓は小さくして

 前方に花壇をつくり 様々な 草花を植栽しています 

 

f:id:yasuragi-reien:20190516121906j:plain

 

 販売当初 草花の管理は 「お客様が行う」 と していました 

 しかし すぐに これが 大変すぎて と 気づいた次第です

 何が大変なのか

 草花も生き物ですから 肥料も欲しがりますし 病気にもなります

 冬の寒さや 夏の暑さにも 耐えなければなりません

 弱ければ 枯れることもあります

   そして 何より大変で 大切なことは 水やりです

 南向きで ほぼ一日中 太陽が降り注ぐ 環境では 

 特に 夏の水やりは 毎日 欠かすことができません 

 

 そうした反省から 

 草花の管理は やすらぎ霊園が行うことに して

 お客様が 好きな花を植えられることも ご自由に と しました

 また 枯れた場合などは やすらぎ霊園が責任を持って 植え替えます

 

 おかげさまで 少しずつ お客様からの問合せや 見学の機会などが 増え

 これまでに 6区画の 契約をいただくことができました

 

 これから 夏に向かう季節 暑さに強い 負けない 花々が墓石を彩ります

 美しい花たちは きっと 大切な人にも見えていて 喜んでくれて いるような

 そんな気がするのです

 

 そして お墓の後にある壁ですが 今は コンクリートが むき出しになっています 

 ここを やがて ツタが覆っていきます

 ツタは 暑さを和らげますし 秋の紅葉も とても美しく 花のお墓には

 お似合いだと 思うのです

  

 どうぞ ご来園いただき 夏の花たちが 元気に輝いている 新しいお墓の

 光景を ごらんください 

 

f:id:yasuragi-reien:20190602161221j:plain

 

 

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain  「あふち咲く 外面の木陰 露落ちて 五月晴るる 風わたるなり」

 

 

 

 

  

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp

  

回顧録 no.55  「‥夢の風景 ~乗れない自転車  1/2 」

 

 「~乗れない自転車 1/2 」

 

   春 小学校の 小さな校庭の隅に 子供用の自転車が 置かれていた

   当時 自転車を持っている 友達は少なく

   持っている自転車も 大人のお下がりの サドルに座れない 大きなもので  

   だから 乗れる友達も限られていた

   

   真新しい 青色の自転車は 

   桜の木の下で 花吹雪を浴びながら 僕たちに鼓舞するかのように 光っている

 

   校庭のすぐ上に 担任の先生の 宿舎があり 一人っ子がいた

   同級生だった N君は 勉強ができて 大きい瞳を持つ クラスの人気者で

   近くの河原 みんなで撮った写真 

   真ん中で笑う 彼を見て 今も そう思う

 

   体が弱い N君は ときどき 学校を休み 体育のときは 見学が多く

   あの頃の 教室には 暖房がなかったから 

           寒くなると いっぱい厚着をして それでも よく風邪をひいていた

   教室の 僕の前で 背中を丸めて 座っている N君は 

   なぜか いつも寂しそうに 見えていた

 

   その自転車は N君のもの

   日曜日 母と親せきの家に行った時 学校に 遊びにいった

   校庭の傍らで 自転車が 動いては 転び 転んでは 動いている

   黄色いセーターの N君が ひとりで必死に 頑張っていた

 

   僕は 声をかけて近づく あの人懐っこい笑顔が 迎えて 

   「体が強くなるようにって お母さんが買ってくれたんだ‥」

   「後ろを持つよ‥」

   N君が乗って 僕は後ろから支えて それからも 時間をみては 

   練習に付き合い しばらくして 青色の自転車が 校庭を 

   元気よく グルグルと 回る光景を 見るようになった

 

   そして 夏になる頃には

   N君は 体が少し強くなり いつの間にか 丸い背中も消えていた

 

                              (続く)

 

f:id:yasuragi-reien:20190524142442j:plain

 

 

     

www.yasuragi-reien.jp

 

   

霊園風景 その55 「‥柔らかな 若葉たちへ」

 

 「‥柔らかな 若葉たちへ」

 

   桜の謳歌が終わり 季節は五月へ

   花木や 草花も 元気に花を咲かせ それぞれに美しさを競います

   それでも この季節の主役は 新緑だと 思うのです

   

   遥か彼方から 若草や若葉 そして深碧や山葵の新緑が 色模様を織りなして

   点々と 柔らかな赤みを帯びた 小麦色の若葉が 彩りを添え

   四方の山々が 鮮やかさを 競い合っているかの よう

 

   朝夕の陽に映えて 緑溢るる 自然の光景は 人々に いくつもの 想いを

   蘇らせ 駆け巡っていきます

   

   それは 一家で働く田植えであり 友と遊ぶ里山であり

   それは 父や母を迎えた小道であり 祖母を見送った墓道であり

   それは ふるさとに 別れを告げた時の 遠山の光景

 

   ひとつひとつの 還らぬ自然は たとえようもなく いとおしく

   思い起こせば 心は いつも 空を飛んでいる かのような 高揚感

   昨日の辛さや苦しさを 片隅に押しやり 

   かすかにでも 今日や 明日への 夢や希望を 灯してくれる充足感

          

   若葉が揺れ 光と影の間から 勇気が届いてきて 前を向くことができる 

   そうして 何十年もの歳月を 織り込んで 誰でも 自分だけの人生模様を  

   描き出してきました

 

 

   ありがとう やさしい色たちよ

   暮らしてきた 日々の営みを 振り返りつつ 

   この春の 若葉たちへ 心からの 感謝を 贈ります

 

 

 

 

         【ここから 彼方へ 緑織りなす 霊園風景】

f:id:yasuragi-reien:20190512155612j:plain

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain   「春は萌え 夏は緑に 紅の まだらに見ゆる 秋の山かも」  

   

 

 

www.yasuragi-reien.jp

回顧録 no.54  「‥夢の風景 ~月夜と おじいさん」

 

 「~月夜と おじいさん」

 

   満月の夜で 明るかった

   田んぼには 水が張られ 小さな稲の苗が並んでいたから 5月頃だったろう

   お風呂に入り 夕食もすんで 子供たちは寝る時 なのに

   僕は ひとり あぜ道に立っている

 

   寝間着姿に下 駄を履き 片手には 懐中電灯を 持ち

   もう一方の手には 祖母の写真があった

 

   何日か前の夜 夢を見た 

   やはり 月夜の あぜ道  

   前に立った 丸顔の小さなおじいさんは 僕の祖父だと 名乗り 

   今度逢う時 「祖母の写真を持って来て欲しい」  と しわがれ声

   「次の満月の夜に」 と付け加え 僕は 黙ってうなずく

 

           今夜が その約束の夜だった

   田舎の夜はまだ寒く 足元から 冷気が襲ってくる 

   ブルッと 震えた瞬間 蛙の声が止み‥

   

   目の前に あの夢のあと 遺影で見た祖父が 立っていた

   黙って 白黒に霞む写真を渡す それは 可愛がってくれた 僕と

   祖母の 温泉町での写真

   祖母も僕も なぜか かしこまっている

   

   

   「ありがとう」‥‥  

   「ばあさんには ずっと 辛い思いばかり させたから‥

    こっち来たら まず 頭下げて 詫びいれて と思ってな」

   「年取って 記憶もあいまいになって ばあさんの顔も 忘れちまった ようで 

    だけど これで大丈夫 真っ先にばあさんを迎えられる‥」といって 笑った

 

   「ばあちゃん そっち行くの?」

   「近いうちにな そろそろ 灯りも消えるころだ」

   「でも まだ元気だよ」

   「人間 それぞれに 逝くときは 決まっているんだ 定めって やつかな」

   「‥‥」

   「ばあさん孝行しておけよ」

   くるりと 振り向くと 月夜の闇へ 消えていった

 

   それから 僕は 祖母を もっと大切にした 

   そして その夏のある朝 祖母は 静かに祖父の元へいった

   あの月夜のことは 夢かうつつか よくわからない

   だけど 祖母とふたりで写った写真は 見つからなかった

   

   祖父は 何と 謝ったのだろう 

   祖母は 何と 応えたのだろう

   でも 祖父は あれから一度も 夢に出てこない だから

   上手くいったに‥  違いない 

   ふたり 仲良く 座って 笑い話 している 

 

 

   月夜の田んぼと あぜ道と 薄暗い 懐中電灯の灯り 

   そうした風景を 想い描いては あの頃に還っていく‥‥ 

 

     

 

     

 

f:id:yasuragi-reien:20190430140251j:plain

 

   

 

www.yasuragi-reien.jp

霊園風景 その54  「‥お墓たちの話」

 

 「‥お墓たちの話」

 

  「来ないねぇー」

  「うん‥」

  「いつ来たの?」

  「‥‥」

  「いつ来たの?」

  「‥‥」

  いつ来たの!!」

  「‥‥ 覚えていない」

 

  「なぜ 来ないのかなぁ」

  「子供たちは遠くに行ったし 両親も 年老いたし‥‥ 

   来たくても来れないんだ  と思う」

  「そうかあ でも お花がないのは 寂しくない?」

  「仕方ないよ それに どうせ すぐ枯れるし」

  「こっちのお花を 少し分けてあげようか」

  「ありがとう でも 君 動けないし 周りにもあるから 大丈夫」

    

  「それより この頃 とてもきれいになったけれど 何かあった?」

  「うん お父さんが亡くなって この前 納骨したの 

   だから みんなでお掃除して お花も供えてくれたの」

  「そうかあ じゃお父さんも 喜んでいるだろうね」 

  「みんなに見守られているから そう思いたい

   だけど お母さんは ずっと泣き続けていて 少し 悲しかった」

  

   「好きな人が いなくなれば 悲しいし 寂しい 

   でも ここに来れば 逢えると 思うし そしたら 

   悲しみなんかも 少しは 和らぐような そんな気もするけど‥」

   「 ‥‥うん そう思いたい」

 

   「 ‥‥ねぇ わたしたちお墓は なぜあるの?」

   「うーーん 今 それ言う?」

   「だって この頃 あまりお墓建てなくなったって よく聞くし」

   「でも 家族そろって ご先祖様や故人を偲んで 敬う そ して

   今 みんなが元気でいることに 感謝する 

   そんな家族の絆や想いが いっぱい詰まっているところが お墓じゃないかな 

   だから これからも ずっーとつづいていく と 僕は思うよ」

  「そうなんだぁ でも良かった みんなの役に立っているだけで 幸せ

   あのお母さん 今度来るときは 笑顔だよね」

  「絶対に 笑顔だよ」 

 

  「でも あなた 石頭と 思っていたけど たまには いいこと言うね!」

  「石 は間違っていないけど たまには は余計です!!」

 

 

   

f:id:yasuragi-reien:20190429104638j:plain

 

 

 

 

   

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain「五月待つ 花橘の 香をかげば 昔の人の 袖の香ぞする」

 

 

www.yasuragi-reien.jp