やす君のひとり言

やす君の情景

~大分市竹中やすらぎ霊園~

霊園風景 その39   「‥この青き世界」

 

  「‥この青き世界」

 

  四季を問わずに 青く輝く花は そう多くはありません

        

  春から秋にかけて 鮮やかに咲いてくれるバラですが 薄いブル-はあるものの

  空色を濃くしたような 青色の花は 出現していません

  

  凍てつく冬が過ぎ 春の足跡が聞こえてくると 凛とした 椿の花芽が

  膨らんできますが この花にも 青色は 存在していないのです

  

  散る桜を待って 一斉に咲く 色とりどりのチュ-リップにも 青は不在です

 

  うだるような灼熱の 太陽が照りつける夏  

  やすらぎ霊園の あちこちで いろんな花が 咲いてくれていますが

  赤は 暑さの上に暑さが来るようで  白は 高貴なイメ-ジが強すぎて

  黄は 暑さと涼しさの中間っぽく  オレンジは暑さに湿気が加わったような

  

  比べて 

       青は 澄んだ空の青や 映す海の青に似て 

  涼しさを 届けてくれる 代表格の 花色だと思います

 

  今 霊園で見ることのできる 美しい青花といえば  ちょう豆 でしょうか

  ツル性のこの花は 4月初旬から 少しずつ時期をずらして種を蒔くと 

  7月頃から秋口まで 美しい花を楽しむことができますし、日除けとしても

  重宝します

  蝶のように 咲き乱れるその姿は 見る人に 一服の涼を 与えてくれます

 

  種を採取し 冷蔵庫(野菜室)で保存しておき  来春に種まきすれば

  毎年 楽しむことができます。

  やすらぎ霊園にも 種を保存していますので お好きな方は

  いつでもお立ち寄りください 無料で差し上げています 

  

   

  

    【秋雨に打たれて なお鮮やかな ちょう豆の花】

f:id:yasuragi-reien:20180920085504j:plain

 

   

 

 

 

  

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain「真っ黒に 走りゆく子が 夏を追い」

 

   

 

 

www.yasuragi-reien.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

  

回顧録 no.39  「‥笑うと目のない Hくん」

「‥笑うと目のない Hくん」

 

   会社に入って知ったHくんは 垂れ目で 笑うと目が無くなり 愛嬌あふれる

 表情と 優しい心を持ち 誰からも愛されていた

 めったに怒ることもなかったが 怒っていても 怒っていないような

 穏やかな話し方と 柔らかいアクセントの言葉を発していた

 

 いつだったか 片側通行の道で 青信号で入ったら 向こうから 

 明らかに 信号を無視した トラックが来る

 しかし H君はあわてる風でもなく ゆっくり進んだ

 トラックはライトを点滅させて こちらを脅してくるかのよう 運転手もどこか

 恐そうに見えて 

 H君は トラックの前で止まると 車を降りて トラックに近づき 

 運転手に 何か話しかけている いつものとおり 笑顔を崩すことなく 

 すると トラックがバックし 道を譲った

 

 「何を言ったの?」と 聞いたら  

 「僕に後ろには 多くの車がつながっているけれど 

  あなたの後には 1台もありません 譲っていただけないですか?」

 と 言ったそうな  

 確かにそうだったが 笑顔で言える勇気に ひそかに尊敬したことを 記憶している

 

 H君の奥さんに 初めて会ったのは 彼との 最後の別れの日 

 彼の笑顔に とても似合いそうな 小柄の 美しい人だった 

 葬儀会場には 多くの写真が飾られ その中の幾枚かには 

 H君夫婦の両隣に 二人の女性が写っている

 ひとりは 目がHくんにそっくりで ひとりは 奥さんに似ていた

 ふたりの お母さんだと思う

 

 一人っ子同士だった H君夫婦は お互いの両親を とても大切にした

 お父さん達が 先に逝った後 ひとりぐらしになった お母さん達を呼び寄せ

 家を改造し ずっと4人で暮らしていた

  

 60を前にして 関連会社に行くことになり その時受けた 健康診断で

 異常が見つかった 血液の癌だった

 彼は 入社を断り ふるさと近くの病院に入って 治療を続けた

 二度逢いに行った 

 一度目は 前向きで頑張るからと 明るい笑顔だったが

 二度目は 少し痩せていて 多分 これが最後の治療になるよ と あの垂れ目で

 笑いながら つぶやいた

 それが 最後に見た 笑顔になった

 

 あの時 談話室の窓から 二人で見た外の風景は 今でも覚えている

 風が強く 雲の流れも速かったが 周りのビルたちに 太陽の光がふり注ぐ

 小春日和の 日だった

  

 

 出棺前の お別れの時 H君に 

 つきあってくれて ありがとう というと 

 彼が いつものように笑いながら こっちこそ と 答えた気がした

 奥さんと 二人のお母さんは 最後まで棺を離れずに 4人だけの時をすごしていた

 

 幾つもの 愛情と優しさを 多くの人々に与えて 

 62才で この世に別れを告げた H君

 今は あちらの世界で 二人のお父さんと暮らし 

 やはり 多くの人々に あの優しい垂れ目で いっぱいの愛情を届けていると思う 

 

 奥さんと 二人のお母さんは 今も 3人仲良く暮らしているそうだ

    

 

  

 

         【H君がこよなく愛し 長く住んだ街の 自然】  

f:id:yasuragi-reien:20180913103619j:plain

 

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp

霊園風景 その38  「‥秋の訪れと お墓たち」

 

「‥秋の訪れと お墓たち」

 

 盆トンボの姿が  少しずつ消え 合わせるかのように 

 ひぐらしの声も 聞こえなくなり

 うだるように暑く 吐く息でさえ 熱く感じられた 今年の夏が 去っていき

 

 そして 静かに どこからともなく 秋が訪れてきました

 遠い彼方に浮かぶ 雲の形や流れで  あったり

 足元に咲く 花々の色つやの良さで あったり

 周りの山から下りてくる 涼しげな風の匂いで あったり

 今日の 人々の交わす挨拶や服装で あったり

 そうして いつの間にか すっかりと 秋模様に変わります

 

 立秋を過ぎて 

 少しづつ 昼間の時間は 短くなり  お墓たちの影は 長くなり

 秋分の日を迎える頃 曼珠沙華の咲く頃  

 やすらぎ霊園の 晴れた夕暮れ時 見える光景は 

 彼岸の世界に たたずんでいるかのような 美しい夕焼けの中で

 お墓たちが それぞれに やさしい輝きを放っています

 この世とあの世をつながれていて もし その時間が 決まっているとしたら 

 その時は 

 沈みゆく太陽の 醸し出す この夕焼けの一瞬なのかも しれません

 

 そして いつものように 時は刻まれていき  

 やがて 凛とした 冬色の世界が すぐそこに‥‥

 

 

 

 

    【一瞬の輝きを見せ 暮れゆく秋を見送る お墓たち】

f:id:yasuragi-reien:20180909130259j:plain

  

 

 

 

 

  

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「獣らの 荒らす音聞く 夜長かな」

 

 

www.yasuragi-reien.jp

やすらぎ便り  「ふれあいのひ」来園ありがとうございました。

  ご来園ありがとうございました!

  「 ふれあいの ひ 」 

 

   9月23日(日)、お彼岸の中日に開催した「ふれあいのひ」は

   お天気にも恵まれ、おかげさまで大盛況に終わることができました。

   8時からの開催にも関わらず、朝早くからお待ちいただいたお客さまや

   JR中判田駅から徒歩でお越しいただいたお客さま、

   タクシ-でお越しいただいたお客さまなど、

   大変多くのご家族が、やすらぎ霊園に足を運んでいただきました。

 

   特に、9時からの予定だった「抽選会」やおはぎサ-ビスは、開始時間を

   早めて実施し、一時は多くのご家族が列を作られるほどでした。        

           また、供花は市価よりお安いこともあって、まとめてお買い上げいただく方    

   が多く、追加注文するなどうれしい悲鳴が上がっていました。

   さらに、お墓に関する相談会や霊園内の案内会にも多くのご家族が参加され、

   希望するお墓や区画など、熱心にお聞きになったり見学されていました。

 

 

f:id:yasuragi-reien:20180924154346j:plain

       おめでとうございます!             【1等賞を当てられた 西川  様】

   西川 様の言葉

  「2006年にここと契約しました。管理もしっかりしているし、霊園内の整備も、

   とても良くしていると思います。このような企画はいいですね。

   途中の道路がもう少し広くなると、うれしいのですが。」

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20180924154459j:plain

  おめでとうございます!   「1等賞を当てられた 千葉 様」

   千葉様の言葉

   「ふれあいのひ のような催しは、とてもいいと思います。

    これからも、ずーっと続けて欲しいです。

    いつも、美しく管理していただいてありがとうございます。」

 

 

      

                         【 9月23日15時すぎ 喧騒の時が過ぎて 規格のお墓たち 】 

f:id:yasuragi-reien:20180925143516j:plain

 

 

                        【 9月23日15時すぎ 空から見た 樹木墓 と 芝生墓 】

f:id:yasuragi-reien:20180926170949j:plain

 

 

          

  御 礼

 「ふれあいのひ」にお越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。  

  多くの皆さまから、霊園内の管理や美化について、お褒めや励ましの言葉をいただき

 ました。

 また、今回の催しについては「継続して欲しい」とのご要望をたくさん頂戴いたしま

 した。

 主催者として、これ以上の喜びはありません。

 一方で、案内にありました「おはぎ」サ-ビスでは、全てのお客さまに提供すること

 ができませんでしたし、「抽選会」も午後早くに終了するなど、楽しみに来園いただ

 いたお客さまには、大変ご迷惑をおかけしました。

 お詫び申し上げますとともに、次年度の催し企画などに活かしてまいります。

 今後とも、やすらぎ霊園をご愛顧いただきますようお願い申し上げ、来園いただいた

 皆さまへのお礼と報告に代えさせていただきます。

 ありがとうございました。

                            やすらぎ霊園

                            理事長  嶋 崎 龍 生

 

 

 

 *追伸  ご都合等で、来園できなかったお客さま。

      来秋も開催させていただく予定ですので、

      ぜひ、次の機会にお越しください。

      心より、お待ちしております。

 

 

回顧録 no.38 「‥潔かった M先輩  2/2」

 

  「‥潔かった M先輩」

        

       緊急の 全体集会が開かれ

  反対派の声が 高まる中 思わず立ち上がり M先輩擁立の正当性を 訴えた

  緊張と感情の高まりから 最後は 涙声になっていた

  話した内容は 忘れたが 自分なりの正論をぶった 記憶はある

 

  まとまらないまま 散会となったが それから間もなくして

  M先輩は 立候補を辞退する意向を示し 納得しない仲間の前に 立った

 

  ‥一本化できる見通しが 立たない状況で 残された時間は 限られています

  まとまらなければ 絶対勝てないことは 明白であり

  さらに 泥沼化していけば たとえ一本化できても 戦いは厳しくなるでしょう

  どちらか一方が 身を引くことが 勝つことにつながると 信じ

  わたしが引こうと 決断しました

  納得はしがたいと 思いますが どうか理解してください‥

  

  そう言うと M先輩は 静かに目をつむり 深々と頭を下げた

  誰も 何も 発しなかった が 誰もが わかっていた

  なぜ M先輩が 引こうと決めたのか

  M先輩を推したリ-ダ-達は 何をしていたのか 何をしているのか

  職場の不満は その一点に 向けられていた

  彼らは 梯子は架けたが 支えるどころか いつの間にか 一人 また一人と

  いなくなっていた

  あの集会のときにも 擁護や主張するリ-ダ-は いなかった 

  M先輩は その時 引くことを 決めたのだと思う 

 

  その後 M先輩は 何もなかったかのように 組織の事務局責任者として 

  選挙戦の先頭に立ち 勝利に貢献した

  

  だが 選挙が終わると 「あとはおまえに任せた」 といって 

  自らの運動に 自ら 幕を降ろした

  それが M先輩が 見せた 最後の意地だったように思う

  

  待っていたかのように 辞令が出て M先輩は 他県へ転勤し

  一度も 前の職場に 帰らぬまま 定年を迎えた 

  

  何度か 話す機会はあったが あの選挙のことは 最後まで 口にしなかった

  全てを 自分の中にしまい込んだまま 年を経て やがて 病との闘いに挑み

  80を過ぎた この春  彼岸へ渡っていった

 

  言いたいことを言えば 楽だったかもしれない 

  だが それで 元に戻ることは絶対ないし 誰も救われることはない

  また 誰もが 正しいと思い 進んでいることを 否定はできない

  全てが その時々の 時代と社会と そして 空気の中で 起きたこと

  人々の記憶に 残るのは いいことだけ 

  悪いことも いいことにして 残っていく

  それが人生 それが人間 

  

  M先輩は 自らの行動で 人の生き様 を 示してくれたと思う

  今でも 先輩に 教えを乞うている 

 

 

      【先輩 そちらは正義が 見えていますか?】

f:id:yasuragi-reien:20180817143009j:plain

 

    

www.yasuragi-reien.jp

霊園風景 その37 「‥夏に一押しの 百日草」

 「‥夏に一押しの 百日草(ザハラ系)」

 

   灼熱の暑さ という表現そのままの 今年の夏でした

   花と緑に囲まれた‥ というのが やすらぎ霊園の 頭言葉なのですが

   緑は あふれるほどにあります が 問題は 花 です

   花にとって 寒さもつらいのですが もっと つらいのが 暑さ

   今年の夏のように 灼熱の日が続き 雨が降らないのは 花にとっても

   致命的になります

   経験から 高温多湿に強い 花は そう多くはないように思いますし

   特に 改良を重ねた美しい花ほど 弱いような気がします

 

   昔から 花壇を彩ってきた 百日草には 多くの種類があり 

   暑さには強い草花ですが 丈が伸びすぎるのが 弱点といえば弱点でした

 

   今回 ご紹介する ザハラ系の百日草は 丈が短いこと 横に広がること

   そして 素朴な一重の 白や黄 赤 オレンジなどの原色系が 夏の太陽にも  

   負けずに 一面に広がる 光景は とても見ごたえがあります

   この花の 最も特徴的なのが 花単体の寿命の 長いことで

   1週間以上 鮮やかさを保ってくれます

   肥料食いですが 夏花壇には ピッタリの花として お勧めします

   

   注意する点が ふたつ

   ひとつめは 苗から育てる場合 ナメクジ対策をおこなうこと

   油断しますと 一晩ですべての葉がなくなります

   ふたつめは 鉢植えの場合は 水やりをきちんとおこなうこと 

   水枯れが続きますと 一気に弱ります

 

   下の写真は 花のお墓に咲き誇っている ザハラ系の百日草

   昨年咲いた花の こぼれ種から 自然発芽したものです

   種を 冷蔵庫(野菜室)に保管しておき 4月頃に蒔いてください

   誰でも 成功します     

 

  

       【オレンジ系 中心の朱色が鮮やかです】

f:id:yasuragi-reien:20180821090332j:plain

  

   【黄色の花 とても夏に 似合います】

f:id:yasuragi-reien:20180821090442j:plain

   

   【原色に近い赤系 見ごたえがあります】

f:id:yasuragi-reien:20180821090535j:plain

 

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「ピストルの 遠くになりけり 運動会」

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp

回顧録 no.37 「‥潔かった M先輩 1/2 」

「‥潔かった M先輩」

  

  迷っていた  当時は 20代半ば 

  先が見えなかった 

  頑張らねば という気持ちと

  職場や上司への不満が交差し もがき あえいでいたような気がする

 

  若かったといえば 若かった

  自己主張が強く 通らなければ あからさまに 口に出した

  態度も 口に習った

       そんな身勝手さを 誰もいないところで やさしく 諭してくれたのが  

   M先輩だった 

  

  同じ職場にいたM先輩は 40すぎ 

  小柄ながら とても エネルギッシュで 声も大きく 正義感の強い 

  ひときわ 存在感があった 

  仕事ぶりも 極めて正確 かつ短時間に処理する力を持ち 上司の評価も高く 

  グル-プ内のとりまとめ役として なくてはならない人だった

 

  M先輩に 現職退任に伴って 市議会議員に出ないかと 声がかかった

  会社の理解を得て 家族や親せきなど 関係者を説得し 仕事やお金のこと 

  多くの課題を 乗り越えて 出る決意を 伝えた

  

  だが 間もなくして 現職を出している職場から 別候補擁立の 声が出てきた

  中心には現職議員の先輩がいて 彼は M先輩の擁立には 反対だったと聞く

  しかし、M先輩擁立は 全ての仲間の合意であったはず

  にもかかわらず 反対派は 勝てる候補でなければならない として 

  これまでの決定が 間違っていたのだ と 暴論を 正論化し

  別候補者を推してきた

   

  M先輩擁立派と 別候補擁立派の 主導権争いは 次第に激化していき  

  同じ建物でありながら 誹謗中傷も飛び交う中 雰囲気は悪化していった

  

                                                                                                              (続く・・・)

           f:id:yasuragi-reien:20180818155423j:plain

www.yasuragi-reien.jp