やす君のひとり言

やす君の情景

~大分市竹中やすらぎ霊園~

回顧録 no.48  「‥夢の風景  ~理髪店のタカさん 2/2」

 

 「‥夢の風景 ~理髪店のタカさん   2/2」

 

    当時 村は林業が盛んで 毎日のように 木材を満載した トラックが走っており

 狭い砂利道路には 危険がいっぱいだった

 何かあったのかもしれない と いなくなった 僕を探して

 先生は 不安を抱えながら 戻ってきたのだ

 

 それが 理髪店で漫画を読んでいれば 怒られて当然で

 タカさんは それから 何度も 頭を下げ続け 先生は

 「わかりました」の 一言のあと 涙目で

 「戻るわよ」と 僕の手を引っ張って 店を出る

 振り返ると タカさんが 軽く手を振って バイバイしていた

 

 次の朝 タカさんは 学校に来て また 先生に謝り 

 校長先生にも 頭を下げていたと 後で聞いた

  

 そんなことがあって 僕は もっとタカさんが 好きになり

 学校が終わると 必ず 寄り道一号店に行って タカさんとすごした

 漫画本を 読むことと 同じくらい 

 見たこともない 華やかな 街での 自慢話をしてくれる 

 タカさん と いることが 楽しかったのだ 

 

 そして 中学1年の夏 

    タカさんが 消えた‥

 その日の朝は いつもの 光景とは 少しだけ 違っていて

 サインポ-ルは 止まっており カーテンは 閉まったままで

 そして 店主が いなくなっていた

  独りで 近くに親せきも 無かったから 誰も 行先は知らなかった

 また いろんな噂が立ったが やがて 話題からも消えていき

 それから 2年足らずで その借家は壊された

 ‥‥

 二十歳を過ぎたころの 夏の昼下がり 容赦なく陽が降り注ぐ その日に

 タカさんが 昔住んでいたという H市の交差点で 僕は 彼に出逢った

 それは 小学校の頃 話しに聞いていた 街のタカさんに 間違いなく

 白いスーツの上下に 茶色い靴を履き 扇子で しきりに 顔を扇ぐ

 隣には 小さい女性が一緒で 横目で見て 笑っている

   その人は タカさんがいなくなって‥ それから‥ 

 しばらくして 村から出て行った人だった

 

 交差点を 渡ってくる タカさんは 噂のとおり 肩で風切るように

 街を占領したかのように 大股で近づいくる

 僕の視線を捉えて 一瞬 驚いた表情を見せたが すぐに

 あの なつかしい笑顔を魅せると すれ違いざまに 手をあげ

 金色の腕輪が 「元気か?」 のように 揺れ動き  

 それは 後ろ姿が 人ごみに紛れても 夏の陽射しに キラキラと 輝き続け

 やっぱり タカさんには 街の風景が似合う と 思った

 

 あれから 半世紀近くになる 

 こちらの世界か あちらの世界か

 どちらにせよ 間違いなく 

 タカさんは 今も 肩で風を切って 歩いている

 

 

    【タカさん また交差点で 出逢えますか? 】

f:id:yasuragi-reien:20190110121653j:plain

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp

 

 

 

霊園風景 その48  「‥新雪の朝」

 

 「‥新雪の朝」

 

       この冬 はじめての雪が 舞い降りました

  暖かい日が続いていましたから もしかしたら 今年の雪は ないかな  と

  思っていましたら 忘れずに 届けてくれました

 

        小さい頃 冬といえば 雪 でしたし

  膝丈ほどある 雪道を歩いたり 遊ぶことは 当たり前だったような 

  気がしますが 近年は 雪で困ることは ほとんどなくなりました

 

  雪国に住む方々の苦労を考えると 申し訳ない 思いもありますが

  年々 暖かくなっているようで 雪を見ないと 何となく不安を感じてしまいます

  暖かい年末やお正月では  雰囲気や喜びも半減してしまい 損したような 

  

  花木もそうなのです

  寒さを耐え抜いたからこそ 美しい花を咲かせ 葉を茂らせてくれるのですが

  暖かい冬では いつ頃咲けばいいのか 花も迷っているのではないでしょうか

  そう思っていたら やっぱり 冬の真ん中なのに さつきの花が咲いていました

 

  今朝の雪は とてもきれいでした

  山々や あちらこちらの木々 お墓たちの上に 絶え間なく 降り続き

  しばしの間 地上の全てを 白一色で 包み込んでいます

  ビオラにも 水仙にも 椿にも そして 蕾が膨らみ始めた 梅の木にも

  等しく 静かに 冬の便りを届けてくれています

  

  ここに眠る人たちにも 天上より やさしく 舞い降りて 

        微笑みながら 手を広げて 迎えてくれているのでは と 思ってしまうのです

  この世で見える 雪景色は 向こうの世界からも きっと見えていることでしょう  

   

  そうして 季節は 少しずつ 春に向かっていきます

  睦月から 如月 そして 弥生へと 季節は巡り 巡っていき

  私たちの 暮らしにも 多くの出来事が 積んで重なり 喜びや 苦しみなどを

  繰り返さなければなりません 

  それは 生きている限り 誰にでも課せられた 宿命でもありますが そんなとき

  四季の豊かな表情と 折々の移り変りが 

  負けないで 切り開く 前向きの心を 与えてくれます

  

  自然に寄り添い 自然とともに 人生を謳歌し 終焉へと 繋いでいく 

  そんな生き方に 憧れています 

  少し 遅すぎる気もしますが‥ 

 

 

 

      【ほころび始めた豊後梅と 樹木墓に 舞い降りる 初雪】

f:id:yasuragi-reien:20190131170303j:plain

 

 

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「君眠る 群青空より 忘れ雪」 

 

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp 

2月限定特別販売のお知らせ

 

    2月限定特別販売のお知らせ

 

 

椿が咲いて、豊後梅が華やかに彩り、やがて山桜が青空に舞う季節・・・

やすらぎ霊園では、「春のお彼岸」に向けて「展示墓」を特別販売しております。

 

              ◆芝生のお墓◆

まるで緑の絨毯のように美しい芝生に整然と並ぶ芝生墓を特典付きで販売いたします。

                                  f:id:yasuragi-reien:20190206132034j:plain

 

                 ◆花のお墓◆

花に囲まれて四季折々の豊かな表情を持つ花のお墓を特典付きで販売いたします。

                                 f:id:yasuragi-reien:20190206132737j:plain

 

                 ◆和型のお墓◆

先祖から受け継がれてきた親しみのある和型のお墓を特別価格で販売いたします。

                                  f:id:yasuragi-reien:20190206132931j:plain

 

 

2月末までの期間限定で、毎日受け付けておりますので、どうぞこの機会にご家族お揃いでやすらぎ霊園へお越しください。

役職員一同、心よりお待ちしております。

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp

回顧録 no.47 「‥夢の風景  ~理髪店のタカさん 1/2」 

 

「‥夢の風景 ~理髪店のタカさん 1/2」

 

 小学校3年か4年生の頃だったと 思う 

 子供の足で1時間ほどかかる 高原まで

 遠足か スケッチ大会か 秋晴れの日に クラス全員で出かけた

 と言っても それが同級生全員だったが

 

 途中 村に1軒だけの 理髪店の前を通る 

 カラカラと 赤白青のサインポールが回り続ける 高台平屋のおじさんは 

 村一番の有名人だった

 

 戦時中 軍隊から逃げ出した  街で暴れていた  いっぱいお金を持っている

 ウソかホントか わからない話が 村中を駆け廻っていたが

 小柄で 愛嬌のある 丸坊主頭のおじさんを 僕たちは 勝手に 名前から

 「タカさん」と呼んで 帰りの寄り道一号店に指定していた

 

 当時 人気のあった少年漫画を買える子は少なく 小学校傍の 雑貨屋さんで

 怒られること覚悟の立ち読みか 友達の読み飽きた本を借りるか だったが

 タカさんが お客さん用に 買うようになって 

 理髪店の中に いつもいっぱい 並んで輝いていた

 それから 寄り道一号店となり 奥の板張りは 僕たちの専用になった

 

 そして‥

 運悪く その日は 新しい漫画本が お店に並んだ日だった

 さらに 運悪く タカさんが 入口の中から 僕を手招きしている

 「赤胴鈴の助」の 誘惑に勝てなかった僕は 列から 少しづつ離れ

 脱兎のごとく 寄り道一号店に駆け込んだ

 

 僕は 漫画のあらすじを 自慢げに話すとき 

 いつも ニコニコしながら 聞いてくれる タカさんが 大好きだった

 タカさんも そのことを知っていて つい手招きしたのだろう

 

 どれほどか 漫画の世界に浸っていると タカさんが 大声で 言った

 「先生が来るよ!」

 担任の 若い女先生は 

 入口から 駆け込むと 漫画本を開いている 僕を発見し

 「何やってるの!!」

 と 言うのと 同時に 手が飛んでくるのを覚えた

 

  「バチーン」という音が 耳に響き 瞬間 記憶が遠のいた

 気がつくと 先生は 顔を手で覆って 泣いている

 「ごめんなさい」 

 頬を押さえて 泣きながら 謝っていると タカさんが

 「すみません 私が 勝手に 誘ったんです」

 と 頭を下げ続けていた

                                 (続く)

 

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20190110120849j:plain

   

 

 

www.yasuragi-reien.jp

霊園風景 その47  「‥みんなにやさしい 霊園へ」

 

「‥ みんなにやさしい 霊園へ」

 

 2,000区画余りを有する やすらぎ霊園は その多くの区画が バリアフリーですが

 新しく造った 一部の「自由墓」区域は 階段仕様になっており お客さまからも

 「将来のお参りが大変」という言葉を いただいておりました

 

 皆さまが 安心してお参りできるように と 昨年からバリアフリ-化工事を進め

 この1月に 工事が終了しました

 今回の工事により 現在販売している自由墓区画は 全てが バリアフリー化になり

 車を降りて お墓の前まで 車椅子などで スムーズに 行けるようになりました

 

 高齢化社会は 医療や福祉の分野だけでなく 地域 団体など 係わるもの全てが  

 より安心や安全であることが 求められおり 私たちの事業も 例外ではありません

 訪れる皆さまが 安らかに お墓参りなどができますように

 やすらぎ霊園は これからも 

 より 安心安全を 提供できる 霊園づくりを 進めてまいります

 

 そして 

 四季折々 訪れる人と 眠る人を 慰めてくれる 美しい風景の創造

 ご家族が 気持ちよく お参りできる 施設の維持や管理

 笑顔でお迎えし 丁寧な対応に心がける 職員の真心 など

 いつ来園いただいても お客様に 満足をお届けできるように 努めてまいります

 

 例年にない 暖かい新年が続いていましたが ここ数日は 寒い朝を迎えています

 この冬はじめての雪光景は 凛とした自然の姿を見ることができました

 齢を重ねるほどに 寒さが身に凍みてくる といいますが

 四季があってこそ 冬があってこそ の 日本だとも 思います

 寒い冬を 耐えて過ごす その瞬間が あるからこそ

 やがて来る春が 待ち遠しいのではないでしょうか

 とは 言えども やはり冬の寒さは 身に堪えます

 

 まもなく やすらぎ霊園の豊後梅が 満開を迎えます  

 

 

     

 

      【 バリアフー工事後の階段 横へスム-ズに行けるようになりました 】

f:id:yasuragi-reien:20190114093744j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「見上げれば 遥か空より 雪やこん」

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回顧録 no.46 「‥夢の風景  深山の寒つつじ 4/4 」

「‥夢の風景 ~深山の寒つつじ 4/4 」

 

  岩の割れ目には 氷柱が下がり ひときわ寒さを感じさせたが

  まだ見ぬ世界に あこがれる思いの 強さと 

  後と前の かすかな光が 足運びを手助けしてくれる   

   

  そして その先には 

  柔らかな明るさと 匂いのする空洞が続く

  それは 強い風によってか 木々が倒れて空間をつくり その上に

  長年にわたって 幾重もの自然が積み重なってできたもの のようで

  倒れた木々は 生き続けており わずかに 青空が覗いてくる 

 

  「そこだ‥」

  薄い光が射す 褐色の世界を Hさんが指さした

  僕は 描いた夢を めざして 小走りに 足を踏み出す

  そこに

  見た世界は 細い木々が 立ちのぼりながら

  迷路のように四方を取り巻いて 絡み合う 薄茶色の樹木の光景

  縦横無尽に走り回る 枝たちは まるで 何者も寄せ付けない

  かの ような冷たい姿をさらし 心躍る 美しい世界では なかった

 

  「どうした?」

  笑いながら Hさんは

  「よく 上を見ろ」と 言う

  じっと目を凝らして 見上げる  

  すると 

  点々と 輝くものがあり 太陽の光を浴びると 青空に映る それが

  真紅のつつじだった

  いくつもの 赤色が 鮮やかに 冬の情景を醸し出し  

  神秘さと 静寂さが 交差する ここだけの世界だった

  「晴れた日でなければ、美しく見えないんだ」

  Hさんが誇らしげに言う

  だから どうしても 今日でなければならなかったのだ

  

  僕たちは それから しばらくの間 陽だまりの中で 

  青空と 寒つつじを 見上げていた 

  少しづつ 光が西に動き 花見の幕も 下りようとするころ

 

  「おまえに頼みがある 

   いつでもいい 俺をここに 撒いてくれ‥」

 

  Hさんがつぶやき  僕は 黙ってうなずく

 

  それから 帰る道すがら 二人は しゃべることはなく

  別れる時に 

  「頼んだぞ‥」

  それだけ言うと 右手を軽く上げて 左右に振り 

  別れを告げる テールランプが 少しづつ 闇の中へ 消えていった

 

  そして あの日から 5ヶ月過ぎて 彼は 悠然と旅立ち 

  2年後の冬 あの日に似た 晴れの日に 僕は 約束を果たした

  まるで Hさんを迎えるかのように 寒ツツジは 鮮烈な色を 放っており 

  冬枯れの下 柔らかい風に抱かれながら Hさんは 土に還った

 

  あれから 数十年 今 あの地まで 行く 体力は失せたが 

  毎年訪れる この季節には 必ず Hさんとの記憶を 蘇らせる

  真紅の寒つつじは 今も青空に向かって 輝いているだろうか 

  ‥‥‥

       僕は 少しずつ Hさんに近づいていく

                             (終り)

 

 

  

f:id:yasuragi-reien:20181224103501j:plain

 

www.yasuragi-reien.jp

霊園風景 その46  「‥春を呼ぶ 柔らかき コブシ」

 

「‥春を呼ぶ 柔らかき コブシ」

 

 霊園の 樹木墓の入口に 誇らしげに 真っ直ぐに立つ 花木があります

 冬が疲れて 春に交代する   ちょうどその頃を待っていたかのように

 咲いてくれる コブシの木です

 

 モクレン科に属するコブシは 成長が早く病害虫にも強いことから 公園や街路に

 よく植えられます

 こぶしを包んでいる苞は 乾燥させて頭痛薬などに また 赤い種は 果実酒にと

 昔から 人々の生活に 深く結びついてきた花木です

 

 名前は 蕾の形が手の「拳」に似ていることから 付けられたと いわれています

 北国では 長い冬が終わる頃 農家の人々は 山野で咲き誇るコブシを見て 

 春の作業の 目安にしました

 

 春浅い 雪山と青空を背景にして 天に向け 勢いよく 咲く その凛としたさまは 

 私たちに 遥かな 希望と 暖かさを 届けてくれるような 気がします

 

 コブシの花言葉は 「友愛」や「友情」「信頼」など‥

 その実が たくさんの握り拳が 集まったように見えることから 名付けられたので

 しょうか

 

 3月中旬頃 やすらぎ霊園のコブシも 春空に向けて 花開きます

 

 

     【1月初旬 青空と コブシの木】

f:id:yasuragi-reien:20190110115156j:plain

 

 

 

  

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「酔うて見る コブシの白と 月の白」 

 

www.yasuragi-reien.jp