やす君のひとり言

やす君の情景

~大分市竹中やすらぎ霊園~

霊園風景 その100 「‥不易と流行」

  「‥不易と流行」

 

        30年ほど前になりますが ある研修会の講師に 念願だった 

  作家の 山本七平さんを 招く機会を得ました

  演題は 記憶にありませんが 講演の中で 渋沢栄一と 「不易と流行」の

  話があったことを ふと思い出したのです

  渋沢栄一を TV大河ドラマが取り上げる そんな話題を 耳にしたことが

  きっかけなのですが 

  

  講演後も あの「不易と流行」の言葉だけが ずっと心の中で 生きており

  課題や困難に 出逢っても 絶対に 一貫して 変えない「不易」 と

  時々の状況や 時代感覚の中で いかようにも 変えていく「流行」 と

  このふたつは 言葉の師匠 そして 文字の先生でした

 

       調べてみますと この「不易と流行」

  もともとは 俳人 松尾芭蕉の お弟子さんが 師匠から聞いたことや

  教わったことなどをまとめた「去来抄」に 出てくる言葉だそうです

  「不易を知らざれば 基立ちがたく  流行を知らざれば 風新たならず」

  「変えないことを知らなければ 基礎は出来上がらない

   変えることを知らなければ 新しい風は吹いてこない」

   一読しますと 正反対のことのように読めますが その根本は一緒で

  「絶対に揺るがないほどに基礎を固めて 時代や人々の変化に沿って

   新しい風を送り込んでいこう」と 受け止めることができるのです

 

 わが国には 創立100年以上の企業が 3万3千社以上存在し 

 世界に冠たる老舗王国ですが 1世紀以上 絶対に変えず 頑なに守り続けてきた 

 ここにこそ 「不易」が 存在していると 言えるのではないでしょうか

 それは 「信用」だったり 「信頼」だったり あるいは「奉仕」だったり

 しかし 変えないだけでは 100年以上も続けることは 至難であり

 その時々の 時代や人々の流れに逆らわず 先を見据えた 新しい技術やサービス等

 を取り入れていく 「流行」を 見誤らない実践力も 携えていたのだと思います

 

 開設からこれまでの 20年を振り返り 

 あらためて やすらぎ霊園の 「不易」を 問うてみます

 私たちが 常に 心がけていますのが お客さまからの「信頼」です

 一朝一夕にして いただけるものではなく 毎日毎日の実践から 少しずつ

 見えない成果として 積み重なって いくものだと 思いますので

 これからの10年 20年と さらに 多くの「信頼」をいただけるよう 

 誠心誠意 努めていきたい と 願っています

 

 

               【春の桜の 先頭を切って咲く 寒緋桜】

f:id:yasuragi-reien:20200220163441j:plain

  

  

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「コロナ禍の 土手に伸びゆく 蕗の薹」

        

 

  

www.yasuragi-reien.jp

  

回顧録 no.100  「‥夢の風景 ~館長との 別れと 出逢い」

 


  「~館長との 別れと 出逢い」

 

        その朝は 冬一番の 寒さだった

  平日だったから 時間帯を過ぎると 外にいる 住民は少なく

  だから 発見されるまでに 時間がかかりすぎて 

  その時には すでに 亡くなっていた という

  心臓に持病があり 自分でも 特に 気をつけていたと 聞いていたが

  この時期 どうしても 手入れしなければならない 庭木があって

  奥さんが 出かけた後 庭に出てて 発作に襲われたらしい

  その時 どのような記憶が よぎったのだろうか

 

  通勤時 家の前を通ると いつも庭先で 花木の手入れをしていた

  几帳面な性格らしく どの花木も 見事なまでに手入れて 美しい庭だった

  始めは 挨拶を交わす程度 少しして 花木のはなし 次に 趣味など

  その次は 休日の懇談 と 距離が 近づいていく

  学校長まで務め 退職後は 請われて 団地内公民館の 館長を 引き受けていた

  いつも 優しい笑顔 とつとつと 語る 話題は とても豊富で

  苦労して 今がある そんな人らしく 示唆に富んだ話には 

  どれほど気づかされ 救われたか

        時を忘れた頃 やがて 妻が 苦笑いしながら 迎えに来る

  

  退職後 しばらくは 近くに土地を借りて 野菜などをつくっていたが

  心臓への負担や 足腰も弱くなって と やめた後は 庭の手入れが 日課だった

  ちょうどその頃 僕らも 団地内の空き地を借り 野菜づくりを 始めていたから

  館長に 教えを請うた 

  時々 様子見に来ては 手取り足取り 指導する  

  使わなくなった 耕運機をはじめ 必要な道具は ほとんど 無償で提供してくれ 

       お礼に届ける 野菜を見て 評価するのも 日課になり  

       3回に1回は 「うーん これは?」 と 首をかしげるのだ

       そんな 温かい交流が ずっと 続くと思っていた

  

   一人残された奥さんは 一周忌を終えると 親の介護もあって その家を去り

  直ぐに買い手がついて 新しい家族が入った

  館長が 愛情込めて 手入れしていた庭木は 少しずつ 色や形を変え

  無残な姿を さらし始めると いつの間にか 更地になり 

  やがて 物干し台が 庭を占めるようになった

    

  そうやって 目の前から 館長の面影が 亡くなっていき

  褒めてくれる人が いなくなった 野菜づくりも 足が遠のいて 

  意識して 記憶を 消してしまおうと していた  

  それでも‥

  この季節になると 館長が 記憶の向こうから 帰ってきて

  顔を くしゃくしゃにして 笑いながら 「これが楽しくてね~」 なんて

  晩酌の 手真似をするのだ 

  僕たちは 時々夢で逢い 一緒に 野菜を つくっている‥‥

 

 

 

  

f:id:yasuragi-reien:20210212092730j:plain

  

 

  

www.yasuragi-reien.jp

霊園風景 その99  「‥造花の供花」

「‥造花の供花」

 

 お彼岸や  お盆ともなりますと 多くのご家族がお墓詣りに来園されます

 お墓を綺麗にし お花を供え ろうそくの炎で 線香に灯りを灯し

 手と手を合わせ ご先祖様を敬い 亡くなった家族を偲び 私たちが

 今 生きていること 生かされていることに 感謝の誠を捧げ 頭を垂れます 

 

 夕暮れ時 人気のなくなったお墓に 彩を添えてくれるのが 供花です

 以前は 菊の花と榊の組み合わせが 一般的だったような気がしますが

 この頃は 季節ごとに 花の種類も異なって とてもカラフルになってきました

 とりわけ 異彩を放っているのが 生花ではなく 生花そっくりの 造花です

 昔の造花とは 大きく違い まるで水気を含んでいるかのような 微妙な色合いまで

 表現してくれて その鮮やかさは 生花を 圧倒しています

 

 やすらぎ霊園でも 全体の 2~3割程度は 造花が占めるようになり

 その割合は 少しづつ 増えて きているようにも 思われます

 特に 新しく建立したお墓ほど 造花が 多い傾向にあるようで

 夏の暑さでも 冬の寒さでも 変わらぬ 色艶と 鮮やかさを 誇ります

 ただ 灼熱の中でも 光る百合の花 凍てつく寒さの中でも 輝くカトレアの花

 季節には ない花が 自然の中で 咲き続けている光景は 

 少しだけ ざわつき感があるのです

 

 生花 造花 どちらも 一長一短あります

 生花 春夏秋冬 その時期真っ盛りの花を供えます

    つぼみが開き 満開の時から 散り時を迎え 新しい花へと 引き継ぎ

    それは 人の一生にも似て 自然界に与えられた 約束を 学ぶのです

    散りかけや 枯れかけの 花々にも ひとことの 主張があるようで

    風流と言えば 風流でもあるような 気はします

 

 造花 春夏秋冬とは 無関係に いつも 変わらぬ 美しさを提供します

    蕾は蕾のまま 満開は満開のまま 朝も昼も夜も 何カ月も 変わることは

    ありません

    軽いため 風が強いと たちまち飛ばされて あちこちに散乱し

    それでも 枯れることなく 光り輝いてる この花たち どこに戻せば

    

 皆さん それぞれの 想いの中で 迷いながら 選択しているのでしょう

  あなたは どちら派ですか?

  

          【夕暮れ時 色鮮やかに 造花の供花】

f:id:yasuragi-reien:20210204160356j:plain

    

 

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「生花無く 供花が映えて 笑う春」

 

 

  

 

www.yasuragi-reien.jp

 

回顧録 no.99   「‥夢の風景  ~豪放磊落が 逝く」 

 「~豪放磊落が 逝く」

 

  N先輩 背が高く 体重もあり 歩幅は 僕の倍近くあった

  ずっと 坊主頭 目も鼻も   口も大きく 見下ろされると 覚悟するほど

  裏腹に とても優しく 決して 自分から 喧嘩を売ることは なかった

  売る前に 相手がひるんで 喧嘩にならなかったのだ

  仲裁役には うってつけで 中に入った途端に すぐ 双方が槍を収める

  夜の街でも 周りが避けるほどの 存在感があって  用心棒としても

  最高の 先輩だった

        但し、ひとたび 喋ると その勢いは 一気に 萎えることになる

  とにかく 容姿からは 絶対に 想像できないほどの 緩やかな高音が発せられ

  さらに 話好きだったから お喋りする先輩から どんどん 厳つい印象が

  雲集霧散してしまい 後は‥   

 

  だが 上には上があるもので 先輩のお父さんは 

  今でも 語り草になるほど 息子以上に 有名な人だったらしい 

  汽車通勤だったが 行きは 学生たちに 厳しく 躾を行い

  帰りは 座るや否や 毎日宴会 車掌さんも 最後は諦めていたという

  優しい上に 息子譲り(?)の話好きで 誰彼問わず 話しかけていく

  「学生に飲ませた」とか「おばちゃんたちと一緒に歌っていた」とか 

  話題にも 事欠かず その路線界隈では 知らない人は いないほどとなり

  お父さん見たさに乗ってくる いわゆる野次馬さえ 出たそうで 

  もっともこれは 面白くするために 後で 拵えた話かも 知れないけれど

  それほどに ユニークな お父さんのもとで 先輩は育った

 

  退職後 久しぶりに 先輩と逢ったのは 妻が入院している 病院で 

  後ろ姿だけで 直ぐに わかった 

  どんなに人が多くても   頭一つ天に近く それも 坊主頭だから

  だが 心なしか あの頃より 痩せて 背中も丸まっている

  「おぅ! 元気か?」 

  かけてくれる 言葉が細く 艶も乏しい

  「先輩 今日は?」

  聞く前に

  「どこか 悪いのか?」 と 先行される

  妻の話をすると しばらくの沈黙の後

  「俺も 似たようなもんだ 一緒に 頑張ろうや な!」

  なんて 笑いながら 優しい 励ましの 声がする

 

  それから 3年ほどして 

  N先輩は 自宅に近い病院に入院し 日を経ずして 彼岸へ渡った

  秋盛り 葬祭場の向かい側 道路を挟んだ駐車場 

  その傍に立つ 紅葉は 赤黄に染まり 

  別れを告げるかのように 吹く風に 舞い上がる

  記憶にあった 優しい声が 一緒に流れていく

  「さらば!」なんて 言って 振り向きもせず 空へ還る

  

  N先輩には 感謝しても し尽くせない 恩がある

  悔やむのは その恩を 言葉で 伝えないまま   だったこと

        職場を離れて 新天地に 飛び込むかどうか 迷っていたとき

  合理化で 人減らしが 進んでいるとき だったから

  職場の声は 大半が 出て行くことに 反対だった

       その時 あの温和な先輩が 皆の前に立ち 

  「彼が 決断したことを尊重して みんなで 支えましょう」

  大きな体を曲げて 頭を下げてくれた

  だから‥   今がある 

  棺の前で お礼が遅れたことを 詫びた  

  

       またひとり 尊敬すべき 豪放磊落が 逝った‥ 

  

 

f:id:yasuragi-reien:20210126095412j:plain

  

  

  

 

www.yasuragi-reien.jp

       

 

霊園風景 その98 「‥やがて咲く 藤の花」

「‥やがて咲く 藤の花」

 

    昨年 誕生した 新しい形のお墓 「なごみ」

 言葉のとおり 気持ちがなごみ どこか 落ち着かせてくれる 雰囲気のお墓です 

 小さいけれども 多く納骨できて 工事費や管理費が   やさしいことも 魅力で

 おかげさまで 販売以来 多くのお客さまから 好評いただいています

 

 その 「なごみ」区画の すぐ西側に 大きなクヌギがそびえ立ち

 幹には 胸高径で15cmは あろうかという 見事な山藤が 巻き付いていて

 春になると まるでクヌギが咲いたかのように 紫の花々が 一面を彩ります

 

 「もっと 間近で 愛でることができたら」 という ご要望にお応えして

 その山藤を 「なごみ」の方へ 誘引することとしました

 階段傍に 藤棚を作り 山藤に加えて 桃色と 白色の 藤を 植えました

 接ぎ木した 山藤の花と 一緒になって ここに眠る方々 そして

 お参りされたご家族の皆さまに 美しい藤花の光景を 提供できる日が

 まもなく 訪れます

 

    初夏 桜の時期を過ぎて 空や 風が いちばんやさしい 季節になると

 やすらぎ霊園の 風物詩として 藤の花々が 舞い 踊り始めます

 少しづつ 彩を増し そして ずーっと先には 「藤のやすらぎ霊園」として 

 多くのお客さまから 親しまれ 愛されている かも 知れません

 いいえ 間違いなく そう なっています

 

 「藤祭りフェア」と 銘打った 行事が 行われ 

 たくさんの お客さまが ひとときの やすらぎの中に 身を置き

 亡き人と一緒に 藤の花々を 愛でている光景が 目に浮かびます

 それは それは とても 貴重な なごみ を お届けする ひとときです

 

 

 

  恋しけば 形見にせむと 我がやどに 植ゑし藤波 今咲きにけり 

  (恋しいので 形見にしようと 庭際に 植えた藤の花が 今咲いている)

                      万葉集」  詠み人 山部赤人

 

 

         【初夏のクヌギと山藤 緑と紫の競演】

f:id:yasuragi-reien:20180416155547j:plain

 

        【山藤を 藤棚へと誘引  手前は 新しく植えた藤】

f:id:yasuragi-reien:20210115090056j:plain

 

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「山奥に 山藤のみが 輝けり」

  

 

www.yasuragi-reien.jp

 

回顧録 no.98 「‥夢の風景 ~人々への賛歌」

 「~人々への賛歌」

 

    平成の名行司と 称された 第28代 木村庄之助 が 語る

   『素晴らしい横綱は たくさんいます が

    真の横綱 と言えば 双葉山 でしょう

               前人未踏の69連勝を達成しましたが 70連勝は なりませんでした

    その時 友に打った電報には

    「イマダ モッケイ タリエズ(未だ 木鶏 足りえず)」と 

    記されていたそうです

    69連勝して なお 自らを 未熟と 叱咤する 人としての 度量の大きさ

     を 表しているのではないでしょうか

    さらに いい話が ありまして

    双葉山の70連勝を止めた 安藝ノ海が 師匠に報告すると

    出羽ノ海親方は

    「勝って 騒がれる力士より 負けて 騒がれる力士になれ」 と

    諭したそうです

    横綱に勝って 有頂天になりそうな 弟子を 戒め 発奮させる

    この親方も また できた人だと 思います』

 

    木村庄之助は ハワイ出身 外国人初めての 横綱となった 曙を 

    可愛がり 曙も 木村を 師と仰いだ

    慣れない 環境にあった 曙に 文化や しきたり だけでなく  

    日本人としての 心構えまで 熱心に指導した

    後年 曙の 礼儀正しさや 謙虚な態度は 日本人以上に 日本人らしい

    と 評されたという

    

    その 曙について 木村庄之助は こう語っている

    「曙は 精神力は 日本人より強い と 思います 

     死に物狂いでやっている人には 勝てません

     今の 日本人に欠けているものを 横綱は 持っています

     曙関から グレーの中折れ帽を いただきました

     欲しかった色で サイズも 丁度いい

     とても きめ細やかな 気配りに 驚きました」

 

    双葉山 曙 木村庄之助の 言葉や姿勢から 推察すれば

    相撲という舞台を通じて 見えてくるのは 人としての 資質だろう

    決して 驕ることも 偉ぶることもなく 人を敬うことを 常とする 

    古くから この国に 流れている 伝統や しきたりには

    先人たちが 創り 継いできた 

    そこにこそ 人が人として 生きていくための 原点があるのだと 思う

    

    目まぐるしく 変化していく 人の世にあって

    変わらない 立ち振る舞いを 見せてくれる 相撲が 

    国技として 存在しているのは 

    あの 土俵の上に 日本の文化があり 人の心の 本流があるから

    そう 理解している 国民も 多いのではないか

    年年歳歳 花 相似たり

    歳歳年年 人 相似たり

    そんな 世の中を 恋しく 思うように なっている‥

 

 

    「木鶏」の話

     1回目  ‥  相手を見ると おどおどする

     2回目  ‥  心が定まっていない

     3回目  ‥  相手を見下す

     4回目  ‥  木の鶏のように 何に対しても 微動だにしない

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20210114145743j:plain

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp

霊園風景 その97 「‥冬来たりなば」

 「‥冬来たりなば」

 

   これほど 静かな年明けを 迎えるのは 初めてのような 気がして

   しらじらと 夜が明け 東の空に広がりゆく オレンジの 陽

   樹木墓 木立の日陰に 残る 昨夜の雪も 新しい年を 

   祝うかのように 真っ新に見えて 今は 間違いなく 新年なのです

   昨年と 同じことが 繰り返されるのですが この年が いつも以上に

   愛おしく思えるのは 前年の大半が 苦しさや辛さの 重なる

   日々だったからでしょうか

 

   この 凛とした 空気の中に 佇んでいると 昨年の出来事は

   全てが 夢の世界の ことのように 思え あれはまぼろし

   以前と変わらない暮らしが ここにあるのだ そんな 淡い期待も抱きます 

   昨日の続きの 今日なのだから 変わるはずはないのだけれども

   それほどに 昨年の暮らしを 記憶を 消し去りたい と 思うのでしょう

   真っ白なキャンパスに 描くように 真っ新な 2021年を創りたい と

   誰もが 願いつつ 「希望よ 叶え!」 と 心で祈ります

 

   今 世界中で 起きていること この国で 私たちが 経験していること

   それは とても 厳しく 辛いことの 繰り返しで

   時には 心が折れそうになる時も あります 

   誰もが 感染する恐れがあり 誰もが さらに 苦しく 厳しい 環境に

   置かれ 最悪の場合 死に至る可能性も あって 

   それは 私かも そして あなたかも 知れません 

   こうした時代にあって 私たちは どう 生きるべきなのでしょうか

   当たり前のように 暮らしていた あの時代に 戻るためには‥

   

   騒ぐマスコミや それに煽られて批判する 人々だけ 見ていても 

   真相は わかりません

   声を上げる 一部の人々を見るのではなく 声を上げない 大多数の国民を

   見るべき なのだと 思います

    「声なき大多数の国民」は 起きていることを 正しく判断し 

   指示や要請に従って 最適な行動を 選択しているのです

 

   それは‥

   何千年にもわたり 受け継がれてきた この国の人々の 心底に流れる 文化 

    「私」を主張する前に 「公」を大切にする

    「和」を尊いとする 精神に あるような気がします

     俄作りの 薄っぺらの 文化ではなく

   遥かな昔から 幾世代にもわたって 脈々と 受け継がれてきた 

   民族に流れている 「和」の心で 磨かれてきた 文化なのです

   それが この国の人々の 礎であり 本流であり 

   これからも 永遠に 流れていくことでしょう

   その流れがある限り この国と この国の人々は 不滅であり

   必ず 次の時代を 切り開いていくと 信じています

 

            2021年 どうか 皆さまが 

   少しでも 明るく 楽しく 希望を持って

   日々の 朝を 迎えることができますように‥ 

   少しでも 穏やかな 心で 充実感に満ちた 

   日々の 夜を 迎えることができますように‥ 

 

  

           【昨夜の 雪が残る 樹木墓の朝】

f:id:yasuragi-reien:20210110101243j:plain


 

  

 

 f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「霜夜にて 灯無き村 獣鳴き」

   

   

   

 

www.yasuragi-reien.jp