やす君のひとり言

やす君の情景

~大分市竹中やすらぎ霊園~

霊園風景 その44 「‥菜の花の光景」

「‥菜の花の光景」

 

   以前 住んでいた家の近くには JRが走っており ある踏切から見える 

 早春の光景は 記憶の中に生き続けて この時期なると 心はいつも

 その場所に 佇んでいます

 

 少し 右カーブしている レールの両側には 少しずつ空地があって

 そこに いつの頃からか 一面に 菜の花が 咲くようになりました

 とても 菜の花が好きな人がいて 誰もいない時に 列車の来ない時に 

 そっと 種を蒔いてくれたのかも 知れません

 危なかったでしょうに どうやって 蒔いたのでしょうか

 

 ともあれ そのおかげで みんなが春の訪れを 楽しめるようになりました

 とても美しいなと 思うのは 青空の中 少し陽が上がって 

 海側から あの列車が 近づいてくるときです 

 潮風を運んでくる 列車の色は 赤と象牙のツートンで 

 菜の花の中を 鮮やかに しなやかに 通り過ぎていきます

 三色が混ざり合って別れ そして いっせいに風になびく 菜の花群を見たとき

 春が来てくれたことや 今 ここにいられることが 

 とてもうれしく ざわざわと 心躍るときなのです

 

  それは

    買ったばかりの真新しい本を開いた時の 香り

 洗い立ての白いシャツに袖を通した時の 手触り

 小雨降るバス停で傘を傾けてくれた時の うれしさ

 大切な人から届いた封書を開ける時の いとおしさ

 何気ない 日々の中で ふと立ち止まると 見えてくる 幸せ感

  などに似て‥‥

 

 ささやかな日々の中で 見えないけれども 心の中が 温かくなるような

 大切にしたい 当たり前で 普通にある 幸せの光景 

 その 象徴が 菜の花のような 気がしてなりません

 

 今年 やすらぎ霊園でも 菜の花の種を蒔き 育てています

 ここを訪れる人や ここに眠る人が その色から 春を感じてくれて

 痛みや辛さを 少しでも 和らげることができたら と 思います 

  

  

 

        【早春を歌う 幸せな光景】

f:id:yasuragi-reien:20181128161303j:plain

 

       

 

                       【やすらぎ霊園内 今朝の菜の花】  

f:id:yasuragi-reien:20181209160211j:plain

 

 

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain「菜の花に 明るい色ねと 子が笑い」

 

 

www.yasuragi-reien.jp

 

回顧録 no.43 「‥夢の風景 ~深山の寒つつじ 1/4 」

 「‥夢の風景 ~深山の寒つつじ  1/4 」

 

  朝 外を見ると 静かに雪が降り続いていた 道もうっすらと白い

  昨夜 何気なく 見上げた空は 星ばかりだったから

  急に 機嫌が悪くなったのだろう

 

  この日は 山に行く約束があった

       幹線道路から 脇道に入り さらに 車一台がかろうじて通る 細い道へ

  その道も切れて 小さなせせらぎがあり そこからは 

  ひたすら空に向かって 歩き続ける そして

  行きついた その奥の さらに奥深く 入った 北風の当らない 小さな平地

  そこには 冬に咲く 寒つつじが   群生している という

 

  その場所には 誰も行ったことが ない

  ただ一人 Hさんを除いては 

   

  彼は 体調をこわして しばらく入院し

  退院後も 自宅で療養を続けていた

  前々から 行く約束はしていたが そんなことから

  連絡することも 遠慮していた

 

  「‥今度の休みに どうだ?」

  底冷えのする朝 突然に 電話をもらったが 体調のことがあり 躊躇した

  だが 行かないなら

  「‥ひとりで行く」 という

   行くか 行かないか 返事が 口から出てこない  

  「‥7時に迎えに行く」 

  「アッ ハイ‥」と答えてしまってから 少し後悔した 

    

  ここ数日 降ることのなかった 雪が  

  朝の 薄暗い空から 絶え間なく 地上に落ちてくる

        7時 きっかり ディ-ゼル音の 車が止まった

  Hさんの あの人なつっこい風貌が 出現する

  白髪交じりの 色白のやさしい 笑顔 

  そして‥

  彼は 驚くほどに 痩せていた

 

  上下に紺色の 防寒着を纏っていたが 借りてきた衣装のように 大きすぎる

  指をさして 「似合うか?」と 言った  

  緑色の綿シャツも 首回りがぶかぶかで 言葉に詰まる 

 

  「雪ですが 大丈夫ですか?」 

  「大丈夫! 大丈夫! 俺の車は 4駆だから」 

  「いや そういうことではなくて‥」

  「さあ 行こう 昼までには 着きたい」

  「昼まで?‥」

 

  確かな 運転技術で 雪道を超えていく

  雪が止み ガラス越しの 朝日に照らされた顔は 寡黙なまま 

  まるで 追われているかのような勢いで 

        天に向かって 走り続けた

 

 f:id:yasuragi-reien:20181130174531j:plain

 

   

www.yasuragi-reien.jp

やすらぎ便り  「ご当地グルメ」プレゼント

 

プレゼント!

   ‥「年末年始ご紹介キャンペ-ン」のご案内 ‥

 

 「お墓や納骨堂を探している」 「田舎のお墓を整理したい」

 「ご先祖様の遺骨を移したい」 「ふるさと大分に納骨したい」

 あなたのまわりに、このような方はおられませんか?

 

 やすらぎ霊園では、12月1日から「年末年始ご紹介キャンペ-ン」を展開します。

 

 大分でお墓を建てたい方や納骨したい方など、おられましたら、ぜひやすらぎ霊園を 

 ご紹介ください。お墓に関するご相談などもお受けします。

 

 ※キャンペ-ンの概要は次のとおりです。

 *ご紹介の受け付け期間は、12月1日~(土)1月31日(木)の2か月間です。

 *ご紹介はお電話、または、やすらぎ霊園の窓口で受け付けます。

 *ご紹介先は、国内ならどこでもOKです。もちろん自己紹介もOKです。

 *ご紹介いただいた場合は、ご紹介者に「便利グッズ」をプレゼントいたします。

 *ご契約いただいた合は、ご紹介者、ご契約者、それぞれに「ご当地グルメ」を

  プレゼントいたします。

 ※詳しくは、「やすらぎ霊園」ホ-ムペ-ジを参照ください。

http://www.yasuragi-reien.jp/2018_present.pdf

 

     あなたからのご紹介をお待ちしています。

        「やすらぎ霊園」 ☎ 097(598)0100

 

           f:id:yasuragi-reien:20181126112104j:plain

 

 

www.yasuragi-reien.jp

霊園風景 その43 「‥散りゆく 秋」

 「‥散りゆく 秋」

 

   あれほどに 騒がしく 暑かった夏が 駆け抜けて

   やっと 落ち着いて 静かな秋が 来た と思ったら

   もう 暦は冬到来を告げています

 

   霊園入口から 奥の方まで 美しく広がっていた 紅葉も

   朝夕の寒さとともに その葉を落とし 寒々しい表情を 見せてきます

   若い頃には 何気なく眺めていた 木々の色模様や変化が この頃 

   とても 愛おしく思えてなりません

   「人の一生は 春にこの世に生をうけ 冬にあの世へと 帰っていく 

   ようなもの まさしく一年ポッキリの人生なんだよ」 と 

   何かの本で 読んだ記憶があります

 

     新芽の息吹きから人生が始まり 夏の灼熱に似た日々の闘いで傷つき 

     鮮やかな紅葉のごとく 最後に ひかり輝いて 静かに一線から退き 

     そして 全てが土に還る冬の訪れとともに 人生の終焉を迎える

 

   だとしたら わたしは 今 どのあたりにいるのでしょうか

   秋の終わりから 冬間近な時期に 差しかかっている 

   と いったところでしょうか 

      残された時間は それほど多くはありません

   冬が来る前に 見るもの 全てに

   それから 多くの人たちに 

   ありがとう の ひとことを 贈らなければなりません

   

     辛い時に 慰めて‥‥ 

     苦しい時に 勇気づけて‥‥ 

     嬉しい時に 花添えて‥‥

     楽しい時に 色染めて‥‥

 

           あなたは いつ 誰に

   どのような 感謝の言葉を 準備していますか?

    

   

 

                 【 去りゆく 秋の光 】

f:id:yasuragi-reien:20181118094249j:plain

 

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「仰ぎ見る 彼方空より 木の実落つ」

  

   

www.yasuragi-reien.jp 

回顧録 no.42 「‥夢の風景 ~次のゴ-ル」

 

「‥夢の風景 ~次のゴ-ル」

 

  「‥‥‥」

  

  無言のまま 怒りの表情を見せると 曲がった腰を上げて 部屋を出ていく

  破れた襖が 音を立てて 喧嘩腰のように せわしく閉まり

  西日の射す部屋に 冷やかな空気が 一瞬動いたような 気がした

 

  帰りを喜び 穏やかに 笑顔も見せていたが 

  施設の話が出た途端 機嫌が  下り坂になった

  何もしない あんたが 何を言うのか‥‥ 

  黙っていても 顔が 言っている

 

       2年ほど前から 認知症が進み 独り暮らしは むずかしくなっていた

  親せきなどから勧められていたこともあり

    

  「施設に入ったらどうか‥」

  

  などと 説教じみたことを 口にしてしまった  

  後悔の後の 自分を 自分が責めた 

   

  嫁いでから 70年近く 人生の全てを捧げてきた 思い出の詰まるこの家が

  心の拠りどころに 違いないのだ

  日が沈んでいく 同時に どうしょうもない いらだちが膨張してくる

  何か しなければならないのに できない   

  

  そして‥

  

  今の生き様や 帰らぬ過去の 責任を 

  何処かの 誰かに 押し付けようとしている 情けなさ みじめさよ

  生き方の選択も 挑戦する機会も 幾度か あった だが しなかった

  それを決めたのは  自分 それが全てではないのか と 己を戒める 

   色褪せた畳に映る影に向かって 頭を下げた

  「夕食できたよ‥」 と 機嫌の直った声が呼んでいる

  簡単な料理しか作れないが どこにもない 舌がおぼえた なつかしい味

  あと どれくらい あの料理を 味わえるのだろう

 

  大切にしなければ‥‥

 

  ふがいなさや やるせなさの 類をまとめて ふっと 吐き出す

     もう少し 自分に誇れる 生き方を探してみよう 

  夕陽に 後押ししてもらいながら 「よし‥」と つぶやいていた

  

        夢と うつつを 行き来しながら 残された日々を 数えてみる

  年で あと何年  月で あと何か月  日にすれば‥‥

  今からでも 生きた証を 探して見れば

  過去は戻らないが 少しでも 未来は変えられる かも しれない

  残された日が 長いか 短いかは 考えまい 

  たどり着いたところが わたしのゴ-ル       

  

  

f:id:yasuragi-reien:20181005101705j:plain

 

 

www.yasuragi-reien.jp

霊園風景 その41 「‥今朝の光景」

「‥今朝の光景」

 

 日一日と 気温が下がり 夏から秋 そして 秋から冬へと 季節が移っていきます

 あの夏の暑さが はるか彼方へ 飛び去って 跡形もなくなり

 やすらぎ霊園の 光景も 一変しました

 

 木々は 緑一色だったのが 雑木の赤や黄と 鮮やかさが 目立つようになり

 敷地内の花たちも 暑さに強い百日草や日日草などが 姿を消して

 冬に立ち向かう パンジ-やビオラ 菜の花などが 色艶を増してきましたし

 芝生も 緑から薄い黄土へと 化粧が落ちたみたいに 褪めてきました

 

 虫たちも 賑やかさの主張から 何となく 静かに 生きてますよ 

 みたいな感じに 落ち着いてきた そんな気がします

 

 青空が とても涼しげに たおやかで 気持ち良さそうに 見えます

 夏の空色には せわしげに動いている 勢いがありますが 

 秋の空色には どこか 落ち着けたような やすらぎがあるから 不思議です

 

 四季の彩りの移ろいは  いつも 私たちに 驚きや感動を 与えてくれるのです

 たとえば‥‥

 

 お休みの昼下がり 公園のベンチで 周りの木々を見渡してみてください

 バスを待つ停車場 横の空き地に咲いている 野菊を愛でてみてください

 歩いて通勤する時 家々に育つ花木類や 草花を 眺めてみてください

  

 決して スマホの世界で味わうことのできない 貴重な時間になります

 

 

【今朝の秋の光景】          ※手前が「芝生墓」 奥が「樹木墓」

f:id:yasuragi-reien:20181105111708j:plain

    上の写真は 好評をいただいている 樹木墓と 芝生墓の 今朝の秋の光景です

 高い青空には 点々と 鰯雲が広がり 

 緑と赤や黄色に染まった 木の葉が風に揺れ

 暑さに耐えぬいて 少しづつ 冬色へ向かう 芝生たち  

 思わず 見続けてしまいそうな やさしい朝の光景です

     

 ‥ここには

  静かに眠る 故人たちのやすらぎが 聞こえてきそうです

 ‥そして

  見守る 私たちにも 敬いと感謝の心が 生き続けています

 

 お墓は この世とあの世を 親と子を つなぐ場所でもあります

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「豊作を ねぎらい仰ぐ 鰯雲」 

 

 

www.yasuragi-reien.jp

 

回顧録 no.41 「‥夢の風景 ~み空色のバラ」

 

 「‥夢の風景 ~み空色のバラ~」

 

  小高い山から なだらかな曲線を描く 南向きの斜面があった

  晴れた秋の昼下がり 澄み切った太陽が 柔らかに斜面を照らしている 

   

  水平に造られた 砂利道を 一台の車が 埃を立てて 走ってくる

  ボンネットの長い 古めかしいトラックは 悪態をついているかのような音を

  響かせて 通り過ぎた

   

  トラックの音が やさしくなったところには 家々が 点在しており

  どの家も よく似ていた

  藁ぶきの 平屋で 四方を生垣が囲んでおり 表札は ない

  違いがあるとすれば 家を彩る花々だろうか

  コスモスが揺れている家 百日草が占領している家 野菊が玄関脇を飾る家

  そして 一軒だけは 秋らしく 冷やかにバラたちが 咲き誇っている

   

  トラックは そのバラの家の前で 止まった

  降りてきたのは 背の低い 小太りの男で 色褪せた作業服を纏っている

  破れかけの作業帽を 深々と被った その男は 表情も見せずに 

  トラックの助手席から 荷物を取り出した 

  

       それは バラの花束で  

  光に映える その色は 明るく澄んでおり  

  秋の青空のような み空色だった

  

  男は そのバラを 無造作に 手に下げると 声もかけずに 家に入っていく

  「‥‥」  

  物音はなく こもれる陽射しの中で 木の葉が揺れて 散り 

  やがて 男が出てくる 

  そして 振り返ることもなく トラックに乗り込むと 走り去っていった

  風の中に埃が舞い上がり 静寂さが あとに続く

 

  男の去った家に 言葉をかけるが 返事はない

  思い切って ガラス戸の玄関を引くと 音もなく開いた

  なじんでいるかのように 体は 勝手に進んでいく 

  窓際にベッドが置かれた その部屋には 小さな仏壇があり 

  そこに み空色のバラが飾られていた

 

  線香の火と 香りの残る 仏壇の前に 置かれた写真

  数年前に逝った 妻が 微笑む

 

  開け放たれた縁側から 見える山々の風景にも 微かに見覚えがあった

  

       真正面に居座り 輝きを誇る 銀杏の黄金色  

  尾根に並んで 散り葉を魅せる ブナの木々 

  敷き詰めたように 赤黄が彩る 紅葉たち

    そして 庭に咲く バラたちの 色と香り

  

       ふたりは そうした美しさや やさしさに ずっと 癒されてきた 

  ‥‥確かな記憶が蘇ってくる

  

  銀杏の大木が 語りかける

  「どうだい? 街のひとり暮らしは」

  「命日にお参りとは えらいねぇ」

  「だけど 奥さん いつも寂しそうだよ」

 

  そうか 今日は 妻の命日なのだ 

  そして ここは わたしの家なのだ 

  それから ‥‥ 

  トラックの男は わたしだったのだ と 気づく

 

 

  過ぎてゆく日々の中 晴れの夕暮れ時に見た 秋の夢  

  

 

f:id:yasuragi-reien:20180929150453j:plain

 

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp