やす君のひとり言

やす君の情景

大分市竹中 花と緑に囲まれた公園墓地                                                           ~やすらぎ霊園~

「やす君の情景」

                                f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain

 

「はじめまして! 僕はみなさんから「やす君」と呼ばれています。

やすらぎ霊園の高台に位置する芝生の上でくつろいだり、花木や鳥たちとおしゃべり 

したり、訪れる人たちにあいさつしたりの毎日です。   

あ!ときどきは居眠りもしています。 

まわりの山々の桜が少しづつ色づいて、ようやく春が来るのがとてもうれしいです。 

これから、 ここから見える風景や花木の表情、そして思い出話などを伝えていきます。

うまくしゃべれない時もあると思うけど、読んでいただくあなたのやすらぎや幸せに 

少しでもつながるよう、いっしょうけんめいお届けしていきます。 

おつきあい、よろしくお願いします。」

 

「霊園だより」 

【樹木墓地の風景】

 やすらぎ霊園にはいろんなお墓がそろっていますが、

一番高い場所にあるのが「樹木墓地」です。

この区画には椿や豊後梅、花水木、百日紅、そして紅葉が配置され、

そのまわりに故人の眠る墓碑が並んでいます。

春のおとずれを椿と豊後梅が告げてくれ、次に花水木、そして百日紅と続いて、

最後に秋の紅葉が美しい風景をつくってくれるのです。

また、区画は芝生で覆われており、五月になると一面の緑が広がりやさしく包んでくれ

ています。

やすらぎ霊園においでの時は、ぜひ「樹木墓地」まで足を運んでください。

お待ちしています。

               【3月の樹木墓風景】

f:id:yasuragi-reien:20170310164124j:plain

 

  www.yasuragi-reien.jp