やす君のひとり言

やす君の情景

大分市竹中 花と緑に囲まれた公園墓地                                                           ~やすらぎ霊園~

回顧録no.1 【温泉町と祖母のこと 1/4】

 

  「 幼いころの記憶をたどり 心に残る人との出会いや別れなどから

     生きてきたことの幸せや苦しさ 辛さ そして今 生きていることへの想い  

      積み重ねている時間の中で ふと気づかされる 郷愁へのあこがれ ……

       あなたの 心のふるさとは どこにありますか 」

 

 

立春に近い季節 高い山々に囲まれて佇む故郷は茶褐色模様に沈み 

時折り吹く風が 頑固なまでに春の訪れを拒んでいるような日が続き 

親や  そのまた親たちが植えてきた 杉林だらけの味気ない色彩も

寒々しい空気を運んでいた 

 

 家の裏に立っていた古い紅梅は 急ぎ足で春を告げようとばかりに

蕾をふくらませつつあったが わずかばかりの赤色は少しの空曇りでたちまち

色褪せて目立たなくなった

 

 光の射す時間は短く すぐに冷気を含んだ夕暮れが訪れ 

薄い板戸と障子で囲まれただけの部屋は寒さを増し 

母が布団に入れてくれた湯たんぽも瞬く間に冷めて 

幾度となく目覚めては暗さの中で震えていた記憶が 今も残る 

 

そんな凍えるような朝でも 祖母は誰より早く起きて

仏壇の祖父に言葉をかけていた     (続く)

                                            

f:id:yasuragi-reien:20170508180808j:plain

 

www.yasuragi-reien.jp