やす君のひとり言

やす君の情景

大分市竹中 花と緑に囲まれた公園墓地                                                           ~やすらぎ霊園~

【立春の頃の椿のこと】

 

 

  「 花木を育てていくことは 命を育てることだと思います

      芽の出るころ 花の咲くころ 果実の熟れるころ どこを切り取っても

       命が輝いています  私たちの人生と重なっているかのよう…… 

        走馬灯のように 回り回っていく 四季の中での花木の物語です 」

 

「花木の走馬灯」

   亡くなった義父は とても椿が好きでした

 

  狭い庭でしたが 鉢が並び多くの種類の椿を育てていました

  いただいた肥後椿は 今も元気に春を告げてくれています

 

  その影響もあって 30年ほどまえに 初めて買い求めたのが「玉の浦」です

  長崎の五島列島で発見されたことで名づけられたこの椿は 

  毎年 立春の頃になると真紅の周りに白の覆輪が入る 美しい姿を

  披露してくれます

  

  寒さの残るこの時期 蕾が開き始めると メジロたちとともに

  やさしく温かいひとときと 義父と義母の想い出を 届けてくれるのです

 

  そして 天を仰いで 多くのことに感謝します

 

         【 やぶ椿から偶然生まれた「玉の浦」】

f:id:yasuragi-reien:20170508174622j:plain

 

www.yasuragi-reien.jp