やす君のひとり言

やす君の情景

大分市竹中 花と緑に囲まれた公園墓地                                                           ~やすらぎ霊園~

回顧録no.3 【温泉町と祖母のこと 3/4】

前回までの記事はこちら↓

yasuragi-reien.hatenablog.jp

 

 

 豊かさから貧しさへ 生活を変えてきた祖母の唯一の楽しみが 娘が嫁いでいる

   温泉町へ行くことだった

 

 わずかばかりの田畑つくりの合間 特に体を休められる冬の時期は いつも かわい 

 がってくれた私をお供に通い続けた

 

 発電所近くのバス停で乗り換えたが 待ち時間があればバス代を惜しんで歩いた

 雪でバスの来ない時も歩いた 子供の長靴にはすぐに雪が入り、手も足もかじかみ

 祖母がくれた飴玉を口で転がしても 寒さはごまかせなかった

 

 降り続く雪道を歩く老婆と子供を拾ってくれる車があれば 祖母は 何度も何度も

 頭を下げ続けた  

 

 今でも 時々 あの風景を思い返すことがある 

 切り立った山が迫る川の畔の細い雪道と 私の手を引いて歩く祖母の姿を

                    

                                                                                                                                                                                           f:id:yasuragi-reien:20170429145340j:plain