やす君のひとり言

やす君の情景

大分市竹中 花と緑に囲まれた公園墓地                                                           ~やすらぎ霊園~

「温泉町のA君のこと  2/4 」

前回までのお話はこちら↓

yasuragi-reien.hatenablog.jp

 

  その温泉町は町の中央を川が流れ 両側には高い山が迫るわずかな平地に 多くの旅

  館が軒を並べていた

 

    A君の住む家は 高台に立つ狭い平屋の住居で 庭のすぐ向こうには崖がせまってい

 たし その崖は大雨のたびに家に近づいていると A君は笑って教えてくれた 

 

 彼が一人っ子のためか 家の中はきれいに整理され そして 本棚には「少年画報」

    や「冒険王」などの漫画本が 所狭しと並び 最新号がいつも揃っていた 

 

 その頃 漫画を買ってもらえる子供はわずかで いつも回し読みでしか 読むことが

    できなかったから いつでも好きなだけ「まぼろし探偵」や「赤胴鈴之助」を読める

 A君がうらやましかったし 壁に貼ってある何枚もの絵は とても上手に描けていた

    記憶がある

 

 西日を受けた窓際で本を読み 絵を描くA君を見ながら    子供心にもうらやましさと

 あこがれを持った記憶がある

 

                       【 ♪♪ け-んをとってはニ-ッポンいちの~  赤胴-鈴之助 】

                                     f:id:yasuragi-reien:20170523135652j:plain

 

www.yasuragi-reien.jp