やす君のひとり言

やす君の情景

大分市竹中 花と緑に囲まれた公園墓地                                                           ~やすらぎ霊園~

「温泉町のA君のこと  3/4」

 

 

前回までのお話はこちら↓

yasuragi-reien.hatenablog.jp

 

 祖母と温泉町に行った時は 必ずA君の家に遊びに行き いつもと同じように夏休み

 や冬休みを過ごし ずっと変わらない日々が続くと思っていた

 

 しかし それから間もなくして 夏休みの間にA君はいなくなった

 両親が勤めていた旅館がつぶれ 給料の遅れから借金を抱えていたから 出ていくし

 かなかったと 後で伯母が教えてくれた 

 

 A君の家はそのままだったが 急いで出たらしく西の窓際からのぞくと いろんな

 ものが散乱していた 

 そこには 彼がいつも読んでいた赤胴鈴之助の漫画本が風呂敷からこぼれて

 残っており 親に叱られてあきらめる A君の寂しそうな顔が浮かんで流れた

 

 やがてその家は壊されて 一帯に堤防がつくられ 大雨の後の水たまりはなくなり 

 少しずつ大人になっていく 子供たちの声も小さくなり 温泉町の風景と同時に

 A君の記憶も遠のいていった              (続く)      

 

 

                                          【昭和を飾った映画館】

f:id:yasuragi-reien:20170620164949j:plain

 

 

www.yasuragi-reien.jp