やす君のひとり言

やす君の情景

大分市竹中 花と緑に囲まれた公園墓地                                                           ~やすらぎ霊園~

「夏を彩る草花たち」

 

「やすらぎ霊園」は 2000年に開園しました 

広大な雑木林を造成し 計画的に樹木を配置 あるいは以前からここにあった樹木を

活かし 花と緑に囲まれた霊園づくりを 進めてきました

 

その後 墓地の拡大に伴って 樹木や草花も 少しづつ増えていき 春夏秋冬 

どの季節でも 霊園内のどこかで 赤や黄や青など 色とりどりの花に出会うことがで

きるようになりました

 

また、風や鳥などが運んだ 草花の種も芽を出し 一面がにぎやかな色に染まっている

光景もあちことで見ることができます

 

この時期   顔を見せてくれるのが 「ムクゲ」や「百日紅」、ルドベキアなどの

花々でしょうか

 

特に「ルドベキア」は  空地のいたる所で「夏よ来い!」と 元気を届けてくれます

 

乾燥に強く 肥料も欲しがらない 世話いらずの「孝行花」なのです

もう少しの間 太陽に負けない装いを披露し やがて表舞台から 退いていきます

 

 盆トンボが遊びまわる頃 「ネジバナ」をお供に 来年まで 土の中に帰るのです

 

                                   【夏色に負けないルドベキア

                            f:id:yasuragi-reien:20170709155952j:plain

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 恋る人 去りゆきてなお 恋る夏        

 

 

www.yasuragi-reien.jp