やす君のひとり言

やす君の情景

大分市竹中 花と緑に囲まれた公園墓地                                                           ~やすらぎ霊園~

回顧録no.14 「U君へ グラブとともに・・・」

     会社同期のU君は 物静かな性格で 自己主張することは少なく

 口より先に体を動かしているような 青年だった

 野球が大好きで 時間があると壁を相手に ひとりでキャッチボ-ルをしていた

 

 40を前に 肝炎を発症した

 50過ぎて 息子さんの肝臓を移植した 

 最愛の娘さんを病で亡くした まだ20を過ぎたばかりだった

 60を前にして リンパの癌を発症した

 

 病と真正面から向き合い 家族のために 仕事も頑張り 最後の最後まで 

 闘い続けて 60過ぎの春 この世を去った

 

 彼の棺の中に 使い古しのグラブが添えられてあった

 見覚えのあるグラブは U君がはじめての給料で買ったものだった

 何十年も 彼と一緒に野球を楽しんだ仲間だったから

 彼にお供して 天に昇って行った

 

 そして わたしの手元にも 彼の思い出が残っている

 県外転勤が決まった時 記念にと プレゼントしてくれた小さな髭剃り

 あれから 30数年 今も元気に動いてくれる

 その音は 頑張れという 彼の声援のような気がする

 

 U君の人生が 幸せだったかどうかは 誰にもわからないが

 彼は 限られた時間の中を 野球少年のように 一生懸命 駆け抜けていった

 

 今 U君は 娘さんを相手に 

 愛用のグラブで キャッチボ-ルをしている

                      かも 知れない・・・

 

 

 

                              【届いているかい? 娘さんの投げたボ-ルは】                              f:id:yasuragi-reien:20170904143550j:plain

 

 

 

    www.yasuragi-reien.jp