やす君のひとり言

やす君の情景

大分市竹中 花と緑に囲まれた公園墓地                                                           ~やすらぎ霊園~

回顧録no.15 「…川の流れと  歩いて逝ったKさん」

 「…川の流れと 歩いて逝ったKさん」

 

 Kさんは 20才以上年上の 大先輩で

 怒ると怖かったが いつもはやさしく 手取り足取り 

 熱心に仕事を 教えていただいた

 

 その いかつい表情からは 想像しがたいほどに 品のある 美しい文字を書き

 毛筆で届く年賀状には いつも 励みの言葉が 連なっていた

 

 わたしが職場を離れるときに かけていただいた言葉は その後も大きな力になった

 

 「あなたの仕事は みんなでカバーするから 

  あなたは みんなのために 頑張ってほしい」

 

 そうして 背中を押して送り出してくれた Kさんは 

 わたしにとって 大きな支えであり 困ったときの 相談役でもあった

 

 

 例年になく寒い日が続く お正月 Kさんからの年賀状は 3通届いた

 「いつまでも 元気に頑張れ!」と 何回も書き連ねてあった

 

 そして 春遠からずの 穏やかなある日の朝 Kさんは 散歩に出て 

 帰ってこなかった

 近くを流れる川にそって 歩くことが 大好きだった という

 

 Kさんの歩いた川岸に立ち 夕暮れせまる中で 別れを告げ 花束を流した

 今でも 励まし続けてくれる Kさんの声が 聞こえる時がある

 

  「頑張っているか?」と・・・

 

 

 

           「Kさん 今 どのあたりを歩いていますか?」      f:id:yasuragi-reien:20170908114312j:plain

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp