やす君のひとり言

やす君の情景

大分市竹中 花と緑に囲まれた公園墓地                                                           ~やすらぎ霊園~

回顧録 no.17「…直球勝負の  S先輩」

   「…直球勝負の  S先輩」

 

    野球でいえば 直球だけで 勝負する人だった

 自論は揺るがず 味方でも 敵でも 主張を貫いた

 白を黒にも 黒を白にも しなかった

 と いうより できなかった

 上司でも お客様でも お世辞は言わなかった

 と いうより 言えなかった 

 だから 周りの多くは S先輩から遠のき 上司は 煙たがった 

 

 だが S先輩は去る者も 上司も 全く気にすることもなく 

 媚びてまで 気に入られたい そんなことはさらさら だったと思う

 

 なあなあ や まあまあ といった 馴れ合い的な 社会風潮や             

    ありきたりの上位下達を 徹底して拒み続ける 人生だった 

 

 しかし 若いリ-ダ-には 自ら出向いてでも こうあるべしと 教えた

 S先輩は 後に続く世代に 委ねようと 決意していたに違いない

 

 OBになっても その熱意は変わらなかったが 70をすぎて 

 少し調子が悪いと 精密検査に入り 余命わずかと 診断された

 

 お見舞いの電話口  かすれた細い声で

 懸案だったことについて 「頼んでおく」 と ひとこと

 

 間もなくして S先輩は 真っ直ぐな人生を 閉じた

 

 亡くなる前の夏に撮った S先輩と一緒の写真がある 

 屈託なく微笑み 真っ直ぐ前を見つめる 凛とした姿は 

 記憶にある 青年の頃の 先輩そのもので 

 写真にふれたら 「おい!」  と 言われた気がした 

 

 あの電話から5ヶ月後に 約束を果たした 

  

 

    身をもって 曲げないことを 教えてくれた

 S先輩の生きざまが とても うらやましく 

 思えてならない この頃

 

 

 

               【先輩! 今も真っ直ぐですか?】

                        f:id:yasuragi-reien:20171028163429j:plain

 

    

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp