やす君のひとり言

やす君の情景

大分市竹中 花と緑に囲まれた公園墓地                                                           ~やすらぎ霊園~

回顧録no.19 「‥‥西日を受けて  F先輩」

 

 「‥‥西日を受けて F先輩」

  

 その当時 事務所の周りの建物は低くて 広い空が見えていたから 2階の会議室に

 も西日が射し 畳は茶色に変わり、窓際の書類は 色褪せていた記憶がある 

 築何十年になろうかという  古家を改造した木造の事務所は 少し傾いており 

 入り口のドアも力を入れなければ動かないほどに ガタが来ていた

 2階の10畳ほどの和室が会議室で すり減った階段は 上がり下がりするたびに 

 ギシギシと音がした 

 そして ひときわ大きな音がすると まちがいなくF先輩が姿を現す 

 体格が良かったF先輩は 丸い縁取りのついたメガネを愛用し 背広はいつも同じ

 グレー系で そのポケットの周りには 点々とパン屑が付いていた

 胃が悪いため 空腹状態にならないように いつもパンを入れている と聞いた

 末席に座る自分は F先輩の表情や話しぶりを 見聞きするのが楽しかった

 畳に正座し 長机の上で手を組み 敬語で話すF先輩の言葉には 絶対的な説得力が

 あり 早い決断や行動力から その時代 卓越した指導者として評価が高かった

 

 F先輩に呼び出された時も 2階の和室には西日が射していた

 

 おもむろに 「一緒にやらないか」と誘われ 

 「そっちには、君の代わりは山ほどいるが こっちには君の代わりはいない」 と

 丸メガネの奥から 決め台詞が突いて出た

 それから30年以上 F先輩の歩いた道に 続いて歩いた 

 

 そのF先輩が 93才の生涯を閉じた

  飾られた90才のときの遺影は あの現役時代 そのもので

 

 「おい! こっちは良かったか 悪かったか?」

 と 問われた気がして 

 「先輩 素晴らしい30年間でした」

 と 報告した

 

 

 

    【先輩! そっちも夕日が見えますか?】

f:id:yasuragi-reien:20180105133113j:plain

     

                 

   

 

 

www.yasuragi-reien.j