やす君のひとり言

やす君の情景

~大分市竹中やすらぎ霊園~

回顧録 no.39  「‥笑うと目のない Hくん」

「‥笑うと目のない Hくん」

 

   会社に入って知ったHくんは 垂れ目で 笑うと目が無くなり 愛嬌あふれる

 表情と 優しい心を持ち 誰からも愛されていた

 めったに怒ることもなかったが 怒っていても 怒っていないような

 穏やかな話し方と 柔らかいアクセントの言葉を発していた

 

 いつだったか 片側通行の道で 青信号で入ったら 向こうから 

 明らかに 信号を無視した トラックが来る

 しかし H君はあわてる風でもなく ゆっくり進んだ

 トラックはライトを点滅させて こちらを脅してくるかのよう 運転手もどこか

 恐そうに見えて 

 H君は トラックの前で止まると 車を降りて トラックに近づき 

 運転手に 何か話しかけている いつものとおり 笑顔を崩すことなく 

 すると トラックがバックし 道を譲った

 

 「何を言ったの?」と 聞いたら  

 「僕に後ろには 多くの車がつながっているけれど 

  あなたの後には 1台もありません 譲っていただけないですか?」

 と 言ったそうな  

 確かにそうだったが 笑顔で言える勇気に ひそかに尊敬したことを 記憶している

 

 H君の奥さんに 初めて会ったのは 彼との 最後の別れの日 

 彼の笑顔に とても似合いそうな 小柄の 美しい人だった 

 葬儀会場には 多くの写真が飾られ その中の幾枚かには 

 H君夫婦の両隣に 二人の女性が写っている

 ひとりは 目がHくんにそっくりで ひとりは 奥さんに似ていた

 ふたりの お母さんだと思う

 

 一人っ子同士だった H君夫婦は お互いの両親を とても大切にした

 お父さん達が 先に逝った後 ひとりぐらしになった お母さん達を呼び寄せ

 家を改造し ずっと4人で暮らしていた

  

 60を前にして 関連会社に行くことになり その時受けた 健康診断で

 異常が見つかった 血液の癌だった

 彼は 入社を断り ふるさと近くの病院に入って 治療を続けた

 二度逢いに行った 

 一度目は 前向きで頑張るからと 明るい笑顔だったが

 二度目は 少し痩せていて 多分 これが最後の治療になるよ と あの垂れ目で

 笑いながら つぶやいた

 それが 最後に見た 笑顔になった

 

 あの時 談話室の窓から 二人で見た外の風景は 今でも覚えている

 風が強く 雲の流れも速かったが 周りのビルたちに 太陽の光がふり注ぐ

 小春日和の 日だった

  

 

 出棺前の お別れの時 H君に 

 つきあってくれて ありがとう というと 

 彼が いつものように笑いながら こっちこそ と 答えた気がした

 奥さんと 二人のお母さんは 最後まで棺を離れずに 4人だけの時をすごしていた

 

 幾つもの 愛情と優しさを 多くの人々に与えて 

 62才で この世に別れを告げた H君

 今は あちらの世界で 二人のお父さんと暮らし 

 やはり 多くの人々に あの優しい垂れ目で いっぱいの愛情を届けていると思う 

 

 奥さんと 二人のお母さんは 今も 3人仲良く暮らしているそうだ

    

 

  

 

         【H君がこよなく愛し 長く住んだ街の 自然】  

f:id:yasuragi-reien:20180913103619j:plain

 

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp