やす君のひとり言

やす君の情景

~大分市竹中やすらぎ霊園~

霊園風景 その43 「‥散りゆく 秋」

 「‥散りゆく 秋」

 

   あれほどに 騒がしく 暑かった夏が 駆け抜けて

   やっと 落ち着いて 静かな秋が 来た と思ったら

   もう 暦は冬到来を告げています

 

   霊園入口から 奥の方まで 美しく広がっていた 紅葉も

   朝夕の寒さとともに その葉を落とし 寒々しい表情を 見せてきます

   若い頃には 何気なく眺めていた 木々の色模様や変化が この頃 

   とても 愛おしく思えてなりません

   「人の一生は 春にこの世に生をうけ 冬にあの世へと 帰っていく 

   ようなもの まさしく一年ポッキリの人生なんだよ」 と 

   何かの本で 読んだ記憶があります

 

     新芽の息吹きから人生が始まり 夏の灼熱に似た日々の闘いで傷つき 

     鮮やかな紅葉のごとく 最後に ひかり輝いて 静かに一線から退き 

     そして 全てが土に還る冬の訪れとともに 人生の終焉を迎える

 

   だとしたら わたしは 今 どのあたりにいるのでしょうか

   秋の終わりから 冬間近な時期に 差しかかっている 

   と いったところでしょうか 

      残された時間は それほど多くはありません

   冬が来る前に 見るもの 全てに

   それから 多くの人たちに 

   ありがとう の ひとことを 贈らなければなりません

   

     辛い時に 慰めて‥‥ 

     苦しい時に 勇気づけて‥‥ 

     嬉しい時に 花添えて‥‥

     楽しい時に 色染めて‥‥

 

           あなたは いつ 誰に

   どのような 感謝の言葉を 準備していますか?

    

   

 

                 【 去りゆく 秋の光 】

f:id:yasuragi-reien:20181118094249j:plain

 

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「仰ぎ見る 彼方空より 木の実落つ」

  

   

www.yasuragi-reien.jp