やす君のひとり言

やす君の情景

大分市竹中 花と緑に囲まれた公園墓地                                                           ~やすらぎ霊園~

「お盆がきます」

 

やがてお盆がきます 

 

やすらぎ霊園にも お墓の掃除に訪れる方が 増えてきました

また 亡くなった方の初盆に合わせて お墓をつくられる方もおられます

 

宗派によっては お盆にこだわらない考えもありますが

一般的には 「年に一度 祖先の霊が私たちの元に帰ってくるとき」として

仏壇を飾り 迎え火や 送り火を焚く などの風習が今も残っています

 

お盆とは それほどに古くから 亡くなった人を祀る行事として 宗教の教えや

地域の特徴などが入れ混じりつつ 少しづつ形づくられ   

今日まで 引き継がれてきました  

 

やすらぎ霊園でも年3回 春・秋のお彼岸とお盆に 「納骨堂」や「永代供養墓」

そして「樹木墓」において お寺さまにご供養をお願いしています

 

お盆が来る この機会に 私たちが今 この世にいること それは親をはじめ ご先祖

様があったからこそであり あらためて ご先祖様を敬い  偲び 感謝する機会として

あなたらしい お盆を過ごしてみたら いかがでしょうか

 

 家族の想いが詰まっている お墓についても 考えてみませんか

 お墓は 亡くした家族を偲び 生きていることに感謝し 善い行いを約束する

 そして 私のこれまでとこれからを 静かに思ってみるでもある  と思うのです

 

 

 今日も 「カナカナカナ」という ひぐらしの鳴き声が やすらぎ霊園を

 渡っていきます     

 

 

 

やすらぎ霊園では8月10日(木)~8月15日(火)まで

 

お盆フェアを開催いたします。

詳しい情報は下記URLからご覧ください。↓

http://www.yasuragi-reien.jp/2017_summerfair.pdf

 

 

            【お盆を迎えるお墓たちの光景】 

f:id:yasuragi-reien:20170727090526j:plain

                  

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain      いく夏に 重ねて寂し 蝉しぐれ   

 

www.yasuragi-reien.jp