やす君のひとり言

やす君の情景

~大分市竹中やすらぎ霊園~

 お彼岸「‥ぼたもち と おはぎ」

 

 子供の頃 お彼岸が近づくと 母のつくる ぼたもちが 楽しみでした

 粒あんで包まれた ぼたもちは 数少ない 貴重なご馳走で

 今でも 春・秋のお彼岸の頃に 頬張ると あの時代が 鮮やかに蘇ります

 

 田舎では いつも 「ぼたもち」 と 呼んでいましたから

 「おはぎ だよ」と 聞かされて 戸惑ったことがありました、調べてみると 

 春のお彼岸に食べるのが 「ぼたもち(牡丹餅)」

 秋のお彼岸に食べるのが 「おはぎ(お萩)」 

 どちらも季節の花(牡丹と萩)にちなんで名付けられたとか

 見た目はどちらも同じようですが 形やあんこに 違いがあって

 「ぼたもち」は丸い形で こしあん 「おはぎ」は平べったい形で つぶあん

 が 正解だとか 

 なぜ お彼岸に ぼたもちや おはぎが 食べられるようになったのでしょうか

 古来から 小豆の赤色には 魔除けの効果あると されていましたので

 五穀豊穣を象徴する お米と組み合わせ ぼたもちや赤飯などにして お彼岸など

 に 捧げられてきたのだそうです

 また 農耕中心の日本では 春の農作業時期には ぼたもち を 

 そして 秋の収穫時期には おはぎ を それぞれつくって

 神様に 祈り 感謝していたとも 伝えられています 

 四季折々の豊かな自然に恵まれた 日本ならではの習慣だと 思うと 

 この国に生れてきたことが とても嬉しくなります

 間もなく 秋のお彼岸です

 やすらぎ霊園では お彼岸に合わせて 第4回「ふれいあの日々」を 開催します

 期間中は 多種多様なお墓の特別販売や お墓相談会 供花の特価販売 そして

 お寺様のご供養など ご好評いただいている各企画で 皆さまをお迎えします

 そして 今回も お彼岸名物 「おはぎ」を ご用意しました

 毎日 先着100名様にプレゼントいたします

 どうぞ 皆さまご家族おそろいで お越しください

 役職員一同 心よりお待ちしています

 

 

     【お彼岸に合わせるかのように 咲きほこる 曼殊沙華】

f:id:yasuragi-reien:20200818104900j:plain

 

        お知らせ!

             

     やすらぎ霊園 秋のお彼岸フェア  

   ~・~・第4回「ふれあいの日々」~・~

  1.期  間 ‥ 9月23日(木・祝)~  26日()の4日間

          「夕暮れ相談会」午前9時から午後7時まで                

         「おはぎ」のプレゼントと「供花販売」は午前9時からです。

        ※おはぎのプレゼントと供花販売はなくなり次第終了となります。                                  

  2.場  所 ‥ 大分市竹中 「やすらぎ霊園」

  3.企 画 ‥   (1) ・展示墓や在庫分の特別提供 ・墓石土地のセット割引

                         (2) ・お墓の相談会 ・お寺様の供養 ・供花の特価販売    

                            (3) ・「おはぎ」プレゼント(毎日先着100名)粗品プレゼント

        4.その他 ‥     (1) 来園時は マスク着用をお願いします。

           (2) 大雨や台風接近時、コロナウイルスの状況によっては

               中止の場合がございます。(お電話にてお問い合わせください。)

                                           

                             

        

      

 

「暑い夏・お盆が来ます」

 

     子どもの頃 迎えたお盆 

        年を重ねて 迎えるお盆

  親しんできた風習は 少しづつ 変わってきました

  抱いてきた 想いも同じ 

  

  今いる ここが全て と 信じていた子供時代 「死」は 縁のない はなし

  近所や親せきで 知っていた人が 亡くなっても 遠い世界のこと

  それが 少しずつ 身近で 年の近い人々が 彼岸を渡っていくと

  いつの間にか この世と あの世の距離が すごく 近くなっていくような 

  そんな気がします

  

  梅雨が過ぎ 夏の青空が広がり この季節の風物詩 黄色トンボが飛び交い 

  百日紅の花が 開く頃に なると‥ 

  暑い夏・お盆がやってきます

  

  お盆は 一般的には 「年に一度 祖先の霊が私たちの元に帰ってくるとき」

  として お墓参りに行き 仏壇を飾り 迎え火や送り火を焚く などの風習が 

  日本各地で 静かに 時を経て 繋がれています 

  やすらぎ霊園でも お盆に合わせて 「納骨堂」や「永代供養墓」

  そして「樹木墓」において お寺さまにご供養をお願いしています

 

  ご家族がそろう この機会 お墓や供養についても 考えてみませんか

  お墓にお参りすることは 亡くした家族を偲び 生きていることを 先祖に感謝し

  善い行いを約束する そして 私のこれまでとこれからを 静かに思ってみる

  そんな ささやかなことを 家族みんなで 共有する 

  お墓参りには とても大切な意味があるのだと思います‥

  

 ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

  

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  1.お寺様による合同供養 

       ◇ 日    時 :  8月15日(日)11:00~  浄雲寺・ご住職さまによる合同供養

       ◇ 場    所 :  樹木墓/納骨堂/永代供養墓前

        ◇その他 :   時間は前後することがありますので、ご了承ください。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   2.供花の特価販売

        ◇ 13日(金)から15日(日)の間、3日間限定で供花を特価で販売します

        ※ 数に限りがありますので、売り切れの場合はご容赦ください

 

                                          f:id:yasuragi-reien:20190731125807j:plain 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  3.線香・ローソク等のサ-ビス

               ◇管理事務所に線香やローソク、マッチ等を準備しています。  

       ※お気軽にお寄りください。

                 f:id:yasuragi-reien:20190429104638j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

           【上空からの 夏の 樹木墓 の光景】

f:id:yasuragi-reien:20180603143747j:plain

 

          【同じく 上空から見た 規格墓 の光景】

f:id:yasuragi-reien:20180924161126j:plain

    

 

  

                   

 

 

 

お盆が来ます

 ‥お盆が来ます‥

   やすらぎ霊園では、7月4日(土)より、「お盆待ちフェア」を開催いたします。

  期間中は、お盆までに建立や納骨が間に合うように、在庫分や展示墓を特別価格で         提供いたします。  

  また、お好きなデザインで建てるお墓も、特別価格で準備いたしました。

  どうぞ、この機会にご家族おそろいでやすらぎ霊園にお越しください。

  プレゼントも準備して、職員一同、心よりお待ちしております。

 

 

  ※期 間 : 7月4日(土)~12日(日)までの9日間

                (毎日9時から17時まで営業しています)

  

 【 フェア限定特別販売 】 

 ◇展示墓の大特価◇

   今春誕生した「なごみ」や「花のお墓」などの展示墓を特別価格で提供します。

   また、各墓石店独自サービスも準備しました。

 ◇在庫分をお買い得価格◇

    あらかじめ注文したお墓をお買い得価格で提供します。

 ◇自由墓区画をダブルお得提供◇

      好きなデザインで建てられる未建立の自由墓区画をダブルで割引きします。

           ※他にもいろいろと特典を準備しております。 詳しくは電話等でお尋ねください

                        

     ☎ : 097(598)0100

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 【プレゼント】

   ◇ アンケートにご協力いただいた方に 「粗品(ムッキ-ちゃん)」をプレゼント

   ◇ お申込みいただいた方に 「お墓参りセット」をプレゼント

  ◇ さらに契約いただいた方に 「カタログギフト」をプレゼント 

                                   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 【ふるさと納骨墓サービス】 

 大切な方のご遺骨を全国どこからでもお送りいただけます。

 やすらぎ霊園のふるさと納骨墓サービスは、ご両親のご遺骨を手元供養している方、

 ふるさとのお墓の墓終いをお考えの方、霊園まで足を運ぶのが難しい方などのために

 郵送にてご遺骨をお送りいただけるサービスです。

 納骨堂(10年)」と、「永代供養墓」でご利用いただけます。

 

  ふるさと大分県で供養してあげたいとお考えの方など、ぜひご検討ください。

      詳しくはお電話またはホームページをご覧ください。

     ☎ : 097(598)0100

               ▽H P▽

     公益財団法人 やすらぎ霊園 オフィシャルサイト | 「ふるさと納骨墓」サービス

 

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp

 

 

霊園風景 その108 「‥甍の先へ 続く道」


「‥甍の先へ 続く道」

 

    うつら うつらと 心は 漂っています

 あの青空の もっと上には あちらの世界が あって

 あの海原の もっと先にも あちらの世界が あって

 あの山々の もっと奥にも あちらの世界が あって

 どこかに いくつか ある 一本線の 節目を 超えて 渡るのですが

 必ず来ることなのに その日が いつなのか 誰にも わかりません

 それでも 間違いなく いつかは その時が 訪れます 

 あなたにも‥  わたしにも‥

 

 あと何年 あるのでしょう その日が来るまで

 この世から あの世まで 一本の道で繋がっている としたら

 迷うわけでも ためらうわけでも 悩むわけでも なく

 案外に すんなりと その節目を 超えていくのかもしれません

 その道は 屋根瓦の 頭にある甍の その先 ずーっと先 

 青空の先 海原の先 山々の先 に あって

 見えないけれども 確かに存在していて いつも 老若男女 誰かが渡っている

 その道だと 思うのですが 

 

 上る太陽 向かいの山々が 輪郭を 細やかに あらわすとき 

 見上げる視線に 届けられる 一筋の陽光

 梅雨の雨 降り注ぐ恵みが 地上にあふれるもの 全てを 洗い流すとき

 彼方に導いていく 一筋の流水

 この日が終わり 訪れてくる静の世界 満天の星空が 光り輝くとき 

 音もなく 飛び去る 一筋の流星

 ここ やすらぎ霊園に立つと いろんな 一筋に出逢うことができます

 

 そして 思うのです 

 「巡り巡る 日々の営みの中ある 喜びや悲しみ 楽しさや辛さ 

 流す涙の 数知れず それでも こうして 生きている 

 さりげない けれども 愛おしい 日々の繰り返し 呼吸の繰り返し  

 あと どれほど この 繰り返しを 過ごすことができるのだろう

 そして いつの日に 終りのない やすらぎの世界に わたしは

 この身を 置くことになるのだろうか」 と‥

 

 この「霊園風景」を ブログに掲載して 3年余りになります 

 四季折々の光景や 自然風景 出来事など 時々の話題を お知らせする場 として

 週に1回 記載してまいりました

 生れ出たものは いつかは 去ることも 考えなければなりません

 今回の記載が 108回目‥

 煩悩の数 数珠の玉の数 と 同じだけ積み重ねることができ 何となく

 引き際の数には ふさわしいのではないか そう思うに至り

 とりあえず 今回を持って 一旦 閉めさせていただくことにしました

 長々の つたない文章を お読みいただき 心より 感謝申し上げます

 お読みいただいた 貴方と やすらぎ霊園が また いつか どこかで 

 つながる機会を いただけたらと 祈りつつ 霊園風景を 閉じさせていただきます  

 ありがとうございました

 

 

           【初夏 販売当初の 樹木墓・芝生墓の光景】

f:id:yasuragi-reien:20170306175321j:plain

 

   

  

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「 逝きし日が 巡り巡りて 走馬灯 」  

 

 

  

     

 

   

 

 

www.yasuragi-reien.jp

 

霊園風景 その107 「‥梅雨来たりなば 夏遠からじ」


  「‥梅雨来たりなば 夏遠からじ」

 

      5月15日 大分に 例年になく早い 梅雨が訪れました

  昨年の梅雨入りは 6月11日でしたから 1ケ月近くも 早いことになります

  それでは 梅雨明けは いつ頃になるのでしょうか

  昨年 大分が明けたのが 7月19日でした

  梅雨入りが 早かった分 明けるのも 早くなるかというと 

  過去の記録では 梅雨入りが 早い年でも 

  梅雨明けは 例年どおりだった そうですから

  災害時の備えも含め 長雨への準備と覚悟が 必要なようです 

   

  なぜ つゆを 「梅雨」と 表すのでしょうか

  諸説ありますが この時期が 梅の実が熟する頃であることから 

  「梅の雨」=「梅雨」という説

  あるいは 雨の多いこの時期には 黴(カビ)も多いことから

  「カビの雨」=「黴雨」=「梅雨」に 転じたという説 等々

 

        ほぼ毎日 まとわりついてきて うとましくも思う 梅雨

  周りに 「梅雨が好き」 という 人は あまりいませんが

  わたしは 大雨は別として 静かに降り続く 雨は 嫌いではありません

  と いうより いっとき 雨の止む瞬間が 好きなのです

  雨音から解放され ふっと 空気が優しくなる瞬間 風がそよぎ そこに 

  わずかでも 光が 射そうものなら

  たちまち 身も心も ここから 解き放たれるようで 

  それは 真向かいの山々から 降りてくる 細やかな霧であり

  裏山に群生する 竹林から 吹いてくる 穏やかな風であり

  無言の空気 心に響いてくる 優しさの 瞬間なのです

 

  雨上がり やすらぎ霊園の 風景も そんな優しさに 包まれています

  いつも そこにある 当たり前の風景ですが 雨の日は

  一味も二味も 違って 何か新しい発見をしたように 広がるのです

  いいことや悪いこと これまでの苦しさや辛さなど 何もかもが

  洗い流され 清々とした 変わりゆく世界  

  そこに立てば 心穏やかな 時間が 過ぎていき

  誰もいない 雨まじりの霊園は 

  子供の頃に見た 温泉街の 片隅  細道の上に 降り続く

  静かな 雨音に似て どこかで 懐かしさに 触れている

 

  どうぞ 雨の日にも やすらぎ霊園に お越しください

  晴れた日には 似合わない 甘酸っぱくて 少しだけ 苦い

  そんな 思い出を 蘇らせ 忘れ去ることも できます

  艶やかではないけれど 昔のあの頃 過ぎ去った日々に 戻れそうな そんな

  気がする

  今朝の やすらぎ霊園光景です

 

 

 

    【6月 梅雨に煙る 静かなやすらぎ霊園 モニュメントの やす君たち】   

f:id:yasuragi-reien:20210528152905j:plain

    

  

  「五月雨の 晴れ間に出でて 眺むれば 青田涼しく 風わたるなり」  良 寛

     長雨が止み 晴れたわずかな間に 庭に出て 彼方に広がる風景を眺めている

  田植えしたばかり 若苗が たおやかになびき 涼しげな風が吹いてくる 

  何と 清々しい心持なのだろう 充足感が満ちてきて 気がつけば 微笑んでいる 

  もうすぐ 夏が来るのだ 

 

  

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「蚊遣火に 煙るかのよう 墓の吾子」

 

 

www.yasuragi-reien.jp

  

霊園風景 その106 「‥花々に囲まれて」

  「‥花々に囲まれて」

          ・ ~・~・「花のお墓」のお話し・~・~・

         

   「妻が花が好きでしたので 花のお墓を と‥」

   あるお客さまからいただいた 言葉です  

   「花のお墓」には お客さまの 花にまつわる いくつもの思い出が

   込められています

 

   やすらぎ霊園事務所前の坂道を 真っすぐ北へ

   突き当りの階段を 上がった区画の中に 「花のお墓」があります

   5年ほど前 「花に囲まれたお墓があったら」という 多くの声に

   応えて 誕生しました

   小さな区画にお墓が並び 草花が囲んでいる こじんまりしたものではなく

   5㎡(間口2m・奥行2.5m)ある区画に お墓の前一面に花々を植える

   形をとっています

 

   ただ 花々は造花ではなく 生きています

   虫が付くことも 病気になることも 衰えることも 

   そして 枯れることもあります 人間と同じく 栄養も必要です

   時には 小動物が 花を掘り起してしまうこともあります

   一年草は 年に2回ほど 植え替えなければなりません 

   面積が広いだけに 日々の手入れも手間がかかります 

   また この区画は全て南向きのため 夏の酷暑対策も 怠ることができません 

   真夏の間は 毎日水遣りが必要ですし それでも弱い花は 枯れてしまいます 

   でも ご安心下さい! 

   そうした 日々のお世話は 全て やすらぎ霊園が行います

   もちろん お客さまが 好きな花を植栽されることも 自由です

 

   愛する人の供養に 「花のお墓」を 選ばれては いかがでしょう

   いつまでも 好きだった花々に包まれて眠る‥ 

   亡くなった人への 美しい贈り物ではないでしょうか

   そして いつの日にかは 見送った自分も そこに行く

   そう考えると なぜか少しだけ うれしくなりませんか?

   ぜひ ご検討ください

   

   写真は 5月6日(木) 日本晴れの午前中に 撮影した 「花のお墓」 です

   冬の寒さも 夏の暑さも   なくて 心地よい光と 風に包まれて 元気いっぱい

   春の花々が 咲き誇っています

   

f:id:yasuragi-reien:20210506161412j:plain

 

   

   現在 「花のお墓」の展示墓を 特別価格で提供しています

   詳しくは やすらぎ霊園までお問い合わせください

   また 見学は いつでも お好きな時に 自由に ご覧いただけます

   あらかじめ ご連絡いただければ 職員が案内いたします

   皆さまのお越しを お待ちしています

 

   「やすらぎ霊園」 ☎:097(598)0100

                  ※毎日、9時から17時まで営業しています。

 

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain「柿若葉 落ち来る花に 歳重ね」

                

 

 

www.yasuragi-reien.jp

    

霊園風景 その105 「‥ なごみ のお話し」

 

「‥ なごみ のお話し」

   

  時代や取り巻く環境の変化 お客さまの意識多様化 など

 昨日と今日 今日と明日 日々を重ねるごとに 思いや光景が 

 少しづつ 変わっていきます

    長引く コロナ禍も 少なからず影響しているのでしょう

 

 こうした 変化は やすらぎ霊園が提供している お墓の姿かたち 契約内容などに

 も あらわれてきました

    大きなお墓から 小さなお墓へ  従来の形のお墓から 新しい形のお墓へ

 お墓から 納骨堂や永代供養墓へ  永代契約から 期限付契約へ

 お客さまのご要望も 多種多様になり 供養のあり方も 選択肢が増えています

 それでも 「お墓をつくり供養する」という 古来から伝えられてきた 

 慣習やしきたりは 今も 脈々と受け継がれており お墓でなければ駄目だ! と 

 云われる お客さまが多いのも 事実です

 

       【ほっと 心の吐息が 聞こえそうな なごみ の お墓】 f:id:yasuragi-reien:20200110102428j:plain

    昨年春 やすらぎ霊園高台の一角に 誕生した 新しいお墓   「なごみ」には 

 今の時代に お客さまが求める 要望や希望をいくつも 取り入れています

  ① 従来型のお墓であること(和型も洋型もあり)

  ② 好きな色やデザインでつくれること

  ③ 永代契約ではあるものの 管理費を抑えていること(50年で10万円)

  ④ 小さいお墓で 維持や管理が楽であること

  ⑤ 小さくても 遺骨を多く安置できること (最大9柱まで可能)

  ⑥ バリアフリーで お参り等がしやすいこと

 等々 お客さまの 多くのご要望にお応えしていることが 評価につながり

 順調に実績を重ねているのだと 思います

 本当にありがとうございます 

 

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

   

  「展示墓」も 完成しました

  小さな区画 小さなお墓 ですけれども 存在感があり それでいて 

  なごみの中にも 美しさも 兼ね備えていて そして

  お墓本来の 気高さも 垣間見えるような 不思議な 想いにさせてくれます

  すでに 多くのお客さまに 契約いただきました 

  どうぞ 皆さま お気軽にお越しください

  毎日 9時から17時まで お待ちしています 予約は不要です  

  

        【 朝靄に包まれて なごみ の お墓たち 】

f:id:yasuragi-reien:20200128090604j:plain

 

  ※あらためて 「なごみ」をお勧めする理由です・~・~・~・~・~・~・

        ① 80㎝四方のコンパクトなお墓 高さも1.4m以下に抑えて地震に強くしました

  ② 小さくても ご遺骨は 最大9柱まで安置できます

  ③ デザインや色は 自由にお選びいただけます

  ④ 墓石代や管理費などを抑えました 価格にも自信があります

  ⑤ 全ての区画がバリアフリーで いつでも いつまでもお参りできます

  ⑥ お墓周辺の維持管理は やすらぎ霊園が 責任を持って行います

  ⑦ 未来にわたって 美しく そして 安心と安全を お約束します

 

 

 

f:id:yasuragi-reien:20170207092834j:plain 「アザミ照る 朽ちゆく墓に 花も枯れ」  

 

 

 

 

 

www.yasuragi-reien.jp