やす君のひとり言

やす君の情景

大分市竹中 花と緑に囲まれた公園墓地                                                           ~やすらぎ霊園~

回顧録no.10 「ひょうひょうと生きた父のこと  2/4」

 

 

    裏表のない父は 地域の中では とても評判が良かった

 父に相談すると いつもニコニコ顔で 「それがいい」と返す 

 違ったことを言っても 「それもいい」と返す 

 何回言っても いつも「それもいい」という返事しか返ってこない

 

 当てになるようで ならないのだけれど なぜか最後は 納得してしまうような 

 そんな やさしく温かい父とのやりとりがとても楽しかったと  人づてに聞いた 

 聞いてあげるだけで 相手の気持ちを収めて 包み込んであげるような

 ゆっくりした空気が 父の周りには漂っていた

 

 「寒い時期の出稼ぎは疲れる」と言って 数年で辞めたが 本当は 都会の雑然さが

 合わなかったのだと思う

 

 北九州の大きな工場の守衛室勤務を 紹介されたこともあったらしいが

 親を置いて行けないから と 断った

 

 現金収入を得るために 村にある建設会社に出始めた

 知識も技術もない父にとって 若い社員に使われるだけの肉体労働が 

 どれほどのものだったのか

 暑い日 雨の日 雪の中 規則正しく 弁当を下げて出ていく父  

 

 そうして 私たちを育ててくれた               (続く)

 

                           f:id:yasuragi-reien:20170817120304j:plain

       

       

 

www.yasuragi-reien.jp