やす君のひとり言

やす君の情景

~大分市竹中やすらぎ霊園~

空のかなたの回顧録

回顧録 no.37 「‥潔かった M先輩 1/2 」

「‥潔かった M先輩」 迷っていた 当時は 20代半ば 先が見えなかった 頑張らねば という気持ちと 職場や上司への不満が交差し もがき あえいでいたような気がする 若かったといえば 若かった 自己主張が強く 通らなければ あからさまに 口に出した 態度も 口…

回顧録 no.36 「‥空に舞った  Nさん」

「‥空に舞った Nさん」 とても前向きで 何事にでも真っ先に手を挙げて 頑張っていたことを 記憶している 青年層の役員を務め 全国誌の特集を組むとき 「やらせてください」 と 自ら 立候補してきた 新しいスポ-ツを取り上げ 自ら やってみるという 企画の …

回顧録 no.35 「‥特急 Aさん」

「‥特急 Aさん」 当時 50代の Aさんは かっこよかった 髪は 短かく 背は 高く 痩せていて いつも 胸を張り 顔を上げ 毅然として 歩く人 だった 朝は 誰より早く 出社し その分 帰りは 一番早く みんなからは 「特急 Aさん」とも 呼ばれていた お酒は ほと…

回顧録 no.34 「‥ 隣国の父 Kさん」

「‥ 隣国の父 Kさん」 Kさんは 隣の国の 企業に勤める 役員で 相互交流で 団長として来日した際 担当になり 1週間ほどお世話したが はじめから おわりまで 見事なまでの 紳士だった 「わたしは あまり飲めませんので お手柔らかにお願いします」 多くの場…

回顧録 no. 33 「‥‥子ども達の星 Sさん 」

「‥‥子ども達の星 Sさん 」 1993年10月末 夜8時過ぎ タイ国 ドンムアン空港 手書きのボ-ドを抱えて 待っている 多くの人の中に Sさんがいた ちょっと見は お坊さん風 頭に髪はなく 丸いメガネをして 身長160ほど 白シャツのサンダル履き 首には 「歓迎 〇…

回顧録 no.32 「‥地域と生きた S先輩」

「‥地域と生きた S先輩」 「 挨拶に行くなら 雨や雪など の 荒れた日が いいと思う そして なるべく 山間部から 行こう 」 地方選挙に 出ることになった S先輩が 発した言葉 挨拶回りに 町内全域を回らなければならないが 広いうえに その町は 山々に挟ま…

回顧録 No31  「‥ もういいね と M先輩」

「‥ もういいね と M先輩」 20代後半の頃 M先輩は50代前半だった 地方議会議員の選挙を通じて 先輩を知った 白髪で 少し小柄で いつも柔和な笑顔を絶やさず 議論を交わしても 怒ることもなく とつとつと 自弁を述べていた みんなからは「仏のMさん」と 尊…

「回顧録 no.30 「‥‥寒い国で出逢った通訳のIさん 5/5」

前回までのお話はこちら↓ yasuragi-reien.hatenablog.jp

回顧録 no.28 「‥‥寒い国で出逢った通訳のIさん 3/5」

「‥‥寒い国で出逢った通訳のIさん 3/5」 いつ飛ぶか 案内もないまま 時は経ち すでに予定より2時間ほど 遅れ 半ば あきらめかけたとき アナウンスが 飛ぶから搭乗を急げ と叫ぶ 依然として 雪が降り続いているのに なんでの 不満と不安が 増幅していく 50…

回顧録no.27 「‥‥寒い国で出逢った通訳のIさん  2/5」

前回までのお話はこちら↓ yasuragi-reien.hatenablog.jp

回顧録 no.26 「‥‥寒い国で出逢った通訳のIさん  1/5」

「‥‥寒い国で出逢った通訳のIさん 1/5」 1989年 11月 初めて訪れた町ワルシャワは 雪が降っていた この時代 東欧はソ連からはじまった民主化の波が押し寄せ ポ-ランドも その流れの中にあり この年の6月には ワレサ議長率いる「連帯」が 国民の圧倒的支援…

回顧録no.25 「‥‥ カレ-うどんと T君一家のこと 3/3」

「‥‥ カレーうどんと T君一家のこと 3/3」 その後 転勤などで疎遠になったが あの雪の年から40数年が経った 秋 急に T君一家に逢いたくて 車を走らせた 記憶だけを頼りに 何度も道に迷いながら 辿り着いた先に 見覚えのある風景が あらわれた だが あれ…

回顧録no.24 「‥‥ カレーうどんと T君一家のこと 2/3」

「‥‥ カレーうどんと T君一家とのこと 2/3」 その冬は 近年にない大雪に見舞われ 設備確認のため 徒歩による巡視指示があり M町から いくつもの山を越えた彼方にある T君の家近くまでが 担当になった 先輩と二人 巡視路に入ったのが 朝の10時頃だったと思…

回顧録no.23 「‥‥ カレ-うどんと T君一家のこと 1/3」 

「‥‥ カレ-うどんと T君一家 のこと 1/3 」 「T君へ お元気でしょうか この頃 時々 あなたたちご家族のことを 思い出します 年を重ねるごとに 冬の雪模様を 見るごとに 若かった頃の 大切な記憶として あの何年間の 綴りが ペ-ジをめくるかのように 少し…

回顧録 no.22 「 ‥‥ 檜よ」

「 ‥‥ 檜よ」 その木は ふるさとの庭に 立っている 魚も棲まない 小さな池の傍に 立っている 幼い頃 山から移した ほんの小さな 檜の苗木 それから 半世紀以上経て はるかな空より 集落を見下ろしている ずっと 見てきた 子供たちが 家を離れていくとき 祖母…

回顧録no.21  「‥‥寡黙な祖父とやさしい祖母のこと」 

「‥‥寡黙な祖父とやさしい祖母のこと」 母の生家は 県境近くの四方を高い山に囲まれた 小さな集落 分家として家を興した祖父は 若いころから必死に働き 祖母と二人で 生計を立て 8人の子供たちを育ててきた 食うや食わずの生活だったかな と 後に母は笑って…

回顧録no. 20 「‥‥ 独りで逝った 君へ」

「‥‥ 独りで逝った 君へ」 君は 生まれた時から体が不自由で 歩くのが精いっぱいだった それでも 明るさは失わず 小さい頃は必死に 後を追って遊んでいた 君が寂しそうな表情を見せるようになったのは 君の弟が 事故で急死してからだと 思う まだ 君の父さん…

回顧録no.19 「‥‥西日を受けて  F先輩」

「‥‥西日を受けて F先輩」 その当時 事務所の周りの建物は低くて 広い空が見えていたから 2階の会議室に も西日が射し 畳は茶色に変わり、窓際の書類は 色褪せていた記憶がある 築何十年になろうかという 古家を改造した木造の事務所は 少し傾いており 入り…

回顧録no.18 「・・・酔うと陽気な? Y先輩」

「‥‥笑うと陽気な? Y先輩」 Y先輩は 飲むと最初は優しく 杯が進むと声や動きが変化し やがては・・・ 蛍光灯が点滅するように 明るさと暗さが同居するようになり 声も 敬語から 少しづつ べらんめぇ調が混じり いつしか 完全に 「おい、おまえ」と、なり …

回顧録 no.17「…直球勝負の  S先輩」

「…直球勝負の S先輩」 野球でいえば 直球だけで 勝負する人だった 自論は揺るがず 味方でも 敵でも 主張を貫いた 白を黒にも 黒を白にも しなかった と いうより できなかった 上司でも お客様でも お世辞は言わなかった と いうより 言えなかった だから …

回顧録no.16 「・・・駅頭で泣いた  M君へ」

「…駅頭で泣いた M君へ」 長く人とふれあって 脱帽させられたのが M君だった 誰よりも深く考え 誰よりも鋭く発言し 誰よりも先に行動した そして 彼のつくる企画書や文章は 全く赤ペンのつかない 完璧な形で出てきた M君の愛用する革の鞄や靴は 年季が入…

回顧録no.15 「…川の流れと  歩いて逝ったKさん」

「…川の流れと 歩いて逝ったKさん」 Kさんは 20才以上年上の 大先輩で 怒ると怖かったが いつもはやさしく 手取り足取り 熱心に仕事を 教えていただいた その いかつい表情からは 想像しがたいほどに 品のある 美しい文字を書き 毛筆で届く年賀状には いつ…

回顧録no.14 「U君へ グラブとともに・・・」

会社同期のU君は 物静かな性格で 自己主張することは少なく 口より先に体を動かしているような 青年だった 野球が大好きで 時間があると壁を相手に ひとりでキャッチボ-ルをしていた 40を前に 肝炎を発症した 50過ぎて 息子さんの肝臓を移植した 最愛の娘…

回顧録no.13 「‥‥風呂に入れます  先輩Tさんのこと」

「‥‥風呂に入れます 先輩Tさんのこと」 新しく配属になった職場に Tさんがいた 話すことが得意ではなく ちょっとだけ ある喜劇俳優に似ており ユ-モラスな表情 と笑顔が特徴の 親しみやすい先輩だった Tさんは書くことも苦手で 仕事の報告書などは多くが…

回顧録no.12 「‥ひょうひょうと生きた父のこと 4/4」

「‥ひょうひょうと生きた父のこと 4/4」 健康で 風邪さえひいたことのない父だったが 75を前にして体の不調を訴えた 近くの医院ではわからず 街の総合病院で検査した結果 末期の膵臓癌で 余命1年余 りと診断された 父は 故郷での治療を希望し 村の診療所…

回顧録no.10 「‥ひょうひょうと生きた父のこと  2/4」

「‥ひょうひょうと生きた父のこと 2/4」 裏表のない父は 地域の中では とても評判が良かった 父に相談すると いつもニコニコ顔で 「それがいい」と返す 違ったことを言っても 「それもいい」と返す 何回言っても いつも「それもいい」という返事しか返ってこ…

回顧録no.9 「‥ひょうひょうと生きた父のこと 1/4」

「‥ひょうひょうと生きた父のこと 1/4」 そばにいても 気がつかないくらい 寡黙な父で 静かにあぐらをかき 母はもちろん 子供に対しても 怒ることも 手を上げることもなかった ゆっくりと 音を立てずに歩く 穏やかな雰囲気を持った人だった 先の戦争で招集さ…

回顧録no.8 「‥温泉町のA君のこと   4/4」

↓ 前回までのお話はこちら yasuragi-reien.hatenablog.jp 「‥温泉町のA君のこと 4/4」 あの温泉町が遠のいてから 10年以上が過ぎ 社会人となって間もない頃 ふとした便りで A君が近くの温泉町で働いていると聞いた 両親も元気で一緒に暮らしているという …

回顧録no.7 「‥温泉町のA君のこと  3/4」

前回までのお話はこちら↓ yasuragi-reien.hatenablog.jp 「‥温泉町のA君のこと 3/4」 祖母と温泉町に行った時は 必ずA君の家に遊びに行き いつもと同じように夏休み や冬休みを過ごし ずっと変わらない日々が続くと思っていた しかし それから間もなくして…

回顧録no.6 「‥温泉町のA君のこと  2/4 」

前回までのお話はこちら↓ yasuragi-reien.hatenablog.jp 「‥温泉町のA君のこと 2/4」 その温泉町は町の中央を川が流れ 両側には高い山が迫るわずかな平地に 多くの旅 館が軒を並べていた A君の住む家は 高台に立つ狭い平屋の住居で 庭のすぐ向こうには崖が…